エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

「縦と横のつながり強化を」会社の想いに共感した
プロジェクトチームでTUNAGを運用

会社名:株式会社オープンストリーム
従業員規模:301〜1,000名
事業内容:システムインテグレーション事業、プロダクト事業、自社サービス事業、IT技術者教育支援サービス
会社HP:https://www.opst.co.jp/

▼POINT
課題:合併による社員数の増加で「知らない人」が増えてきた
運用:プロフィール機能で相互に興味を持てる仕掛け
運用:定期的にトップや管理職の考えを配信
効果;社内で写真の投稿が増加、情報共有やコミュニケーション意識が高まった

株式会社オープンストリーム様は先端技術を活用したシステムインテグレーション事業、自社パッケージソフトウェアの開発・販売、自社サービス事業の企画・開発・販売等を行っています。「情報技術と社員力でお客様を成功に導く」を経営理念に掲げ、高い技術力を強みに事業イノベーションをもたらすサービスを提供しています。

情報システムにおける技術力を強みとしながら一方でサービスの原点は「人」であるということを掲げ、「技術力」×「社員力」の強みをより伸ばすため社内でのコミュニケーション活性化に対して意欲的に取り組まれていました。

「コミュニケーション活性化については 今よりもさらに高いところを目指している」そうお話するのは取締役の出合様。普段から社員同士の交流はあったが、情報の集約とさらなる活性化を進めるためにTUNAGを導入しました。

約20名というTUNAGプロジェクトメンバーが集まりエンゲージメント向上のための施策を現場のメンバーが進めておりますが、その経緯や導入後の取り組みについて出合様と松尾様にお話を伺いました。

感じていた課題、TUNAG導入の流れ

合併による社員数の増加で「知らない人」が増えた

〜もともと感じられていた課題について教えてください〜

松尾:もともと社員旅行や忘年会などを定期的に行っており、それぞれ委員会を立ち上げて推進し部活動も盛んに活動したり、勉強会なども自発的に開催していました。

ただ、常にメールでの案内でしたので、それらの情報が集約されておらず、流れてしまっているのがもったいないと感じていました。また、昨年(2017年)8月に合併し、従業員数が100名以上増えたため、顔と名前が一致しなくなってきました。何か打ち手を打つタイミングだと感じていましたね。

〜他の会社に常駐して業務を行っているエンジニアの方もいるため、オフィスにいない方が多いですよね。コミュニケーションがさらに難しいのではないかと思います。〜

出合:「名前は知っていても、顔は分からない」というような状態でしたね。当社の場合、プロジェクトによってメンバーが増えたり変わったりということが頻繁にありますので、お互いを知ったうえでプロジェクトをスタートしているという状況を作る必要がありました。

 

事前に管理職の納得を得たうえで導入を決定

〜導入を決めた背景、運用開始まではどのように進めたのでしょうか?〜

松尾:TUNAGを導入するかどうかについては、会社のキーマンである管理職を意思決定プロセスに組み込み、みんなが納得して使ってもらえるものにしたいと思っていました。

ですので、スタメン社の方に管理職が集まるミーティングの場でプレゼンをしてもらい、アンケートをとりました。アンケートの中では管理職の方が感じているコミュニケーションの課題もヒアリングしたうえで、導入に対する意見を聞きました。

結果、課題感がクリアになり概ね賛成という結果が出ましたので、導入を決めました。また、ツールの提供だけでなく、利用促進の継続的なコンサルティングも行っているという事も決め手の一つとなりました。

〜そのアンケートではどのような声があがったのでしょうか?〜

「色々行っていることの全体感が見えない」ですとか、「中途入社の方に会社の文化がうまく伝えられない」などの意見があがっていました。また、「部署間の壁を感じる」、「拠点間の壁を感じる」という声もありましたね。

TUNAG導入をどのように進めたか

プロジェクトメンバーを全社会議の場で募集

〜オープンストリーム様では、20名ほどのプロジェクトメンバーが定期的にミーティングをしながらTUNAGを運用されていますが、そのきっかけは何だったのでしょうか?〜

松尾: