エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

行動指針が浸透する“サムカレッジ”の取り組みとは
社員の自発的な学びを楽しく促す
「社内イントラ」として活用

会社名:サムライト株式会社
従業員規模:51〜100名
事業内容:コンテンツマーケティング事業、自社メディア事業
会社HP:https://somewrite.com/

▼POINT
課題:入社後に会社にすぐになじめるようにするための施策が必要だった
課題:情報をストックしておける場所がなかった
運用:写真や動画の投稿で、会社のリアルな“雰囲気”や社員の“個性”を知る
運用:TUNAGが社内研修・教育の場に
効果:社員が自発的に、楽しそうに学ぶ場が生まれた
効果:TUNAGから、社内に新しい文化が生まれた

サムライト株式会社様は、「広告を情報に変える」「マーケティングの新しいカタチをつくる」をミッションに掲げ、コンテンツとテクノロジーの力で、顧客のマーケティングやビジネスを支援している会社です。

業績が向上し、毎月新しい社員が入社する中、「入社した社員がすぐに会社になじめるよう、効果的なオンボーディング施策を実施したい」という経営管理部のミッションがより重要な課題になっていました。

また、現場の社員からは「どんな社員がいるのかを知りたい」という声が上がっており、会社の文化や価値観を表現する“社内イントラ”の整備も必要となっていました。

そのような背景の中で、コミュニケーションを生むことができる「動的な社内イントラ」として活用できるのではないかということで、TUNAGを導入いただきました。経営管理部の松本様は、「導入後、学びの場が生まれたのが一番の効果ではないでしょうか」とお話します。

実際に、TUNAGをどのように活用頂いているのか、お話をお伺いしました。

導入する前に課題に感じていたこと

入社後会社にすぐになじめるように、物理的・心理的距離を縮める施策が必要だった

※代表取締役CEO 池戸様

〜TUNAGを導入する前に課題に感じられていたことや、みなさまのミッションを教えてください。〜

池戸:弊社では、新しい働き方を推進し、多様な価値観を尊重することを経営理念の一つにおいています。

今、会社と従業員との関係、“働く”という価値観が変わってきていますよね。そういう状況においても、強い組織づくりをしたり、社員がイキイキと働く会社をつくっていきたいと考えています。ここはまさに経営管理部としてのミッションの一つになります。

松本:直近の課題でいうと、入社後に会社にすぐになじめるようにするための施策が必要だと思っていますね。

今、様々な職種の方が毎月入社してくださっています。今までは社員のことを見渡せていたが、リモートワークなど多様な働き方を整備していく中で、今までより顔を合わせてコミュニケーションをとるのが難しくなってきたと感じています。

しかし、そういった変化の中だからこそ、テクノロジーを活用しながら、今まで以上にスムーズにコミュニケーションをとれる環境づくりをしていきたいと考えています。

〜そうなんですね。入社されている方が増えているとのことですが、どんな人が増えているのでしょうか?〜

池戸:職種、年代関係なく増えている状態です。特に偏りは無いですね。リモートワークを行うことにより物理的な距離、年代や職種の違いによる心理的な距離、どちらも縮めていく必要があると思っています。

そのための取り組みや制度運用を実行する場としてTUNAGが位置づけられています。

TUNAG導入を決めた理由

コミュニケーションが生まれる社内イントラとして活用できそうだった

※経営管理部 松本様

〜TUNAGを知ったきっかけ、導入された背景を教えてください。〜

池戸:会社の情報を整理するために、「社内のイントラを構築しよう」という話が上がり、他社サービスを導入したことがありました。

ただ、運用管理者がおらず、3ヶ月くらい放置になったこともあり、残念ながら一旦そのツールは運用を停止して、一時期社内イントラ自体が無くなってしまいました。

また、他社の福利厚生サービスを使っていましたが、社員に活用されているのかがよく把握できなかったんです。

そういう点も踏まえて、社内イントラとして会社の情報をまとめることができるツールを探し、TUNAGに問い合わせをしました。その際は、社内イントラと福利厚生制度の活用を目的として検討しました。

〜社内イントラでどのようなことを達成するためにTUNAGを導入されたのでしょうか?〜

池戸:先程松本からもお話した通り、中途入社の方も多く人が増えている中で、オンボーディングが非常に重要だという点があります。仕事内容や会社の文化、一緒に働く仲間とスピーディーにマッチしてもらいたいと思っていました。それが経営上の重要な課題だと思っています。

ですので、社内イントラでは、まず1つ目は「社内にどんな人がいるのかが見れる」ということ。何ができる人なのかということ以外に、趣味や好きなことなどのプライベートな一面も知れるようにしたいと思っていました。

2つ目は、会社が用意している様々な制度の整備ですね。制度って、会社をあらわす価値観そのものじゃないですか。それが色々なインフラに分散してしまっていて、ほとんど使われていない制度もありました。そこで、まずは情報を集約してTUNAGのプラットフォームを通じて把握しやすくしたいと思っていました。

紙で申請、チャットツールでお知らせをしており、使い勝手が悪かった

〜それまではどのように社内の制度をアナウンスしたり運用したりしていたのでしょうか?〜

松本:主にチャットツールで案内してましたね。社内制度を確認できるページは作っていたのですが、ちゃんと調べてくれないとそこにたどりつけ