エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

働き方改革とは?
実行計画・有給や残業の関連法案も解説

働き方改革とは

働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための改革

厚生労働省の働き方改革特設サイトには、このように書かれています。

「働き方改革」は、働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための改革です。

参考:厚生労働省 働き方改革特設サイト

働き方改革と聞くと「残業時間の削減」などのイメージが強いかもしれませんが、改革の本質は ”働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにする” ことです。

厚生労働省が中心となって推進

働き方改革は、厚生労働省が中心となって推進しています。

具体的には、働き方改革の取り組みをワンストップで支援する相談窓口として「働き方改革推進支援センター」を設置しています。

また、「働き方改革推進支援助成金」では、働き方改革の環境整備などに取り組む中小企業事業主に対して、費用の一部を助成しています。

働き方改革の背景・理由・現状

働き方改革が推進される背景について、厚生労働省は以下のようにまとめています。

我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。

こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

参考:「働き方改革」の実現に向けて

少子高齢化・労働人口の減少・働き方の多様化など日本社会の問題や変化の中では、生産性向上と併せて、”就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作る” ための働き方改革が必要となっているということです。

さらに、新型コロナウイルスの流行に伴うリモートワークの拡大もあり、「働き方」について根本的に検討する必要性が生じています。

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

400社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

働き方改革を通して目指すもの

厚生労働省は、働き方改革を通して目指すこととして、以下のように書いています。

働く方の置かれた事情に応じて、多様な働き方を選択できる社会を実現することで、成長と分配の好循環を構築し、働く人一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指します。

参考:「働き方改革」の実現に向けて

働き方改革はゴールではなく、あくまで働き方改革を通して「より良い将来の展望」を持てるようにすることを目指しています。

「働き方改革実行計画」で対応策やロードマップが決定

2017年、労働界・産業界のトップと有識者が集まった「働き方改革実現会議」にて、「働き方改革実行計画」が決定されました。

これは、働き方改革の対象となる「非正規雇用の処遇改善」「賃金引上げと労働生産性向上」「長時間労働の是正」「柔軟な働き方がしやすい環境整備」など9つの分野について、どのように実行していくかというロードマップや対応策をまとめたものです。

9つの分野とその対応策は、次の通りです。

  1. 非正規雇用の処遇改善
    ① 同一労働同一賃金の実効性を確保する法制度とガイドラインの整備
    ② 非正規雇用労働者の正社員化などキャリアアップの推進

  2. 賃金引き上げと労働生産性向上
    ③企業への賃上げの働きかけや取引条件改善・生産性向上支援など賃上げしやすい環境の整備

  3. 長時間労働の是正
    ④法改正による時間外労働の上限規制の導入
    ⑤勤務間インターバル制度導入に向けた環境整備
    ⑥健康で働きやすい職場環境の整備

  4. 柔軟な働き方がしやすい環境整備
    ⑦雇用型テレワークのガイドライン刷新と導入支援
    ⑧非