エンゲージメント経営コンサルティング【ツナグ|TUNAG】

hr-column

HRコラム

もう時間をかけない!日報の書き方のポイントやテンプレートをご紹介

>>【無料eBook】物理的な距離をどう超えるのか?部門間コミュニケーション促進事例4選

>>【無料eBook】なぜ、社内制度は続かないのか? 活用されるためにとるべき7つのステップ

日報の目的

1日の業務の振り返りと上司への進捗報告

“会社の決まりだから”と、なんとなく毎日日報を書いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。せっかく毎日時間を費やして記入する日報ですから、有意義なものにしたいですよね。そのためには、まず日報の目的をしっかり把握することが重要です。

日報の目的は主に2つあります。

1つ目は“1日の仕事を振り返ること”です。仕事の終わりに改めて振り返る時間を設けることで、課題や反省点を整理したり、よかった点や新たな気づきを発見することに繋がることを期待しています。

2つ目は、“上司への仕事の進捗や成果の報告及び共有すること”です。上司は部下の日報を確認し、 アドバイスをしたり声がけをしたりしていきます。

目標のための進捗を具体的に把握することは上司の役割でもあるため、わかりやすく、できるだけ定量的な数字を意識して書いていくことが求められます。

日報に必要な項目例

一般的な日報として、必要な項目は以下があげられます。

おすすめな書き方は、各項目に対してだらだらと長い文章を書かず、できるだけ短い文章で、箇条書きにすると読みやすくなります。

また、定性的な内容と定量的な内容を織り交ぜることで読む側に伝わりやすくなります。日報も上司に自分をアピールする場として、わかりやすい内容にしていきましょう。

・今日の目標

その日ごとに設定した目標を書きましょう。目標を書くことで頑張る方向が会社と合っているのか擦り合わせることができます。

・今日の業務内容及び成果

1日の仕事内容について具体的に書きましょう。業務内容や成果を書くことで、上司は進捗を確認しフォローしたり、成果を評価することができます。

・良かった点

自分が成長したことを日々実感するためにも、良かった点は意識して探して書くようにしましょう。良かった点がなかなか思い浮かばないという人は、学んだ点に着目してみましょう。

・課題及び改善点

課題や改善点を振り返り、考えることは成長へと繋がります。できれば、考えられる解決策をセットで書くのが良いのですが、分からない場合はぜひ上司に相談しましょう。

・明日の目標

目標を意識して業務に取り組むことで生産性の向上に繋がります。明日の目標を設定して、1日を終わるようにしましょう。

日報を記入する時の注意点

定量的に表現すること

前述にもあるように、日報は定量的に書くことがポイントです。

以下の悪い例と良い例を比べてみてください。悪い例では業務内容と成果がわかりづらくなっています。定量的な内容が書かれていないと、上司は適切に評価することができません。

定量的な内容と、前向きな姿勢をしっかり記載しましょう。また、打ち合わせやミーティングがあった際は、議事録や決定事項を分かるように共有することも大事なポイントです。上司に業務内容を正確に伝えることを意識していきましょう。

× 悪い例

・今日の業務内容及び成果
10:00-12:00 テレアポ
13:00-14:00 ○○様と打ち合わせ
14:30-17:00 納品処理
17:00-18:00 ○○ミーティング

○ 良い例

・今日の目標
アポ獲得2件(15/20件)
納品処理3件(8/10件)

 

・今日の業務内容及び成果
10:00-12:00 テレアポ(コール数20件、獲得2件)
13:00-14:00 ○○様と打ち合わせ
14:30-17:00 納品処理4件
17:00-18:00 ○○ミーティング(議事録:URL〜〜〜)

 

・良かった点
納品処理に慣れてきて、2時間30分で4件こなせるようになりました。

 

・課題及び改善点
○○様との打ち合わせでシステムに対する質問を多数いただきましたが、全部回答することができませんでした。次回、他で同様の質問をいただいた際は回答できるよう先輩に教えてもらい自分の知識にします。

 

・明日の目標
アポ獲得1件(16/20件)
今日の○○ミーティングでの決定事項の通り、○○を徹底して実施

効率的に良い日報を提出するコツ

一日の最後にまとめず、都度残していく

日報を5分で書くためのコツをご紹介します。日報は1日の業務の終わりに提出するものですが、書くのも1日の終わりでないといけない訳ではありません。

業務内容については、1日の終わりに書こうとすると思い出すのに時間が掛かってしまうことがあります。打ち合わせがあった際の議事録も、「どこに保存したかな……?」と後で探していると時間がかかってしまいますが、打ち合わせ後にURLだけ日報に貼り付けておけば時間はかかりません。そのため、業務の区切りに少しずつ書くことをおすすめします。

アプリやクラウドのツールで運用している場合は、外出先で書けますのでぜひ実践してみてください。慣れてしまえば時間をかけずに書けるようになります。

日報のテンプレート例

日報に多くの時間を費やすことはおすすめできません。できるだけ短時間で書くのが望ましく、目安として5分程度、長くても10分までです。

毎日書く内容に悩んでいては、どんどん時間だけが過ぎてしまいます。自分用に使いやすいテンプレートを作成しておくことがおすすめです。

ここでは、事務職編と営業職編の2パターンをご紹介します。

職種によって日報の内容は変えていくべきです。ついついたくさんの項目を用意したくなりますが、できるだけ簡潔にしていきましょう。

▼事務職編

・今日の業務内容
・気づき、共有事項
・明日の業務
・一言

ポイントは、気づきや共有事項と今日の一言を入れることです。

事務職は他の社員に様々な情報をアナウンスすることが多く、また終日社内にいる時間も多い職種です。

他の社員の動きもよく見ていると思いますので、気づいたことや共有事項を積極的に発信していきましょう。

▼営業職編

・今日の業務内容
・数字の進捗
・良かった点、課題
・明日の業務内容

ポイントは「良かった点、課題」を入れることです。

営業職は売上目標が設定されていることがほとんどだと思いますので、自分の目標が気になり、個人プレーになりがちです。

チーム全体のことを考え、他の社員へナレッジやノウハウを共有することを意識して発信していきましょう。

>>【無料eBook】離職を防ぐエンゲーシメント経営! 組織と従業員を活性化させた成功事例

日報でコミュニケーション活性化

紙やメールを利用して一部の社員間だけで日報を運用していませんか?日報は社内コミュニケーションの活性化にも効果を発揮するような設計もできるため、できれば多くの社員が自由に見ることができるアプリやクラウドのツールを利用することがおすすめです。

日報の目的は、1日の振り返りと上司への共有・報告ですが、日報に「今日の一言」という項目を追加し、思ったことや個人的なことなどを書いてもらってみてはいかがでしょうか。

それによって、各個人の人となりを知ることができたり、思わぬコミュニケーションが生まれます。

一方的に日報を提出して終わりでは、書く方のモチベーションが下がってしまうことも。上司はぜひ積極的にコメントを返しましょう。

TUNAGでは、日報の運用も可能です!

上記でご紹介したような日報をTUNAGで運用することが可能です。

まさに当社も日報を利用してコミュニケーションの活性化に取り組んでいます。TUNAGで日報を運用するメリットを3つご紹介します。

1)スマホから簡単に利用できる

TUNAGはPCとアプリで利用可能ですので、外出先でも簡単に日報を作成することができます。写真やファイルだってもちろん可能です。また、他の人の日報も簡単に閲覧できコメントを入れることができます。

2)PDCAを回しやすい

日報は部署や役職ごとに異なるテンプレートを使用しますが、TUNAGではテンプレートの作成・変更が簡単に行えます。また、管理者は日報の提出状況も把握できますので、利用状況を確認しつつ日報のスタイルを変更していくことができます。

3)過去の日報を振り返ることができる

提出された日報はTUNAGに蓄積されていきます。過去の日報を遡って見たいときに、自分だけではなく他の人の日報も簡単にみることができます。

※弊社で運用している日報のコンテンツの一部です。気軽にコメントを残すことができ、Facebookのような見た目から利用も簡単です!

日報は上手く運用することで、色々な効果をあげることができます。ぜひ自社に合った日報を運用していきましょう。

>>【無料eBook】マンガでわかる!『エンゲージメント経営』

▼ 組織エンゲージメントコンサルティング『TUNAG』について ▼

働きがいのある環境づくりには、従業員のエンゲージメント向上を

働きがいのある環境づくりのためには、エンゲージメントの向上が重要です。

TUNAGでは、エンゲージメント経営を推進するために、「会社と従業員」および「従業員同士」の相互信頼関係の確立を最も重要視しており、長期的な取り組みが必要だと考えています。

関連資料:離職を防ぐエンゲーシメント経営! 組織と従業員を活性化させた成功事例

社内施策や制度の取り組みはPDCAが重要

課題に合わせた様々な社内施策を組み合わせ、効果を見ながら運用していく必要があります。

『TUNAG』では様々な社内制度を一覧化し、その社内制度の利用促進と見える化で、各企業の課題解決のためのPDCAを回すことが可能なプラットフォームです。専任のコンサルタントが制度設計、ツールの運用から改善までを一貫してサポートします。

サンクスカード、日報や1on1MTG、会社からの情報共有(社長メッセージや広報・採用情報など)など、会社とメンバーのエンゲージメントを高めるための様々な社内制度の運用を行うことができます。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

お気軽にご連絡ください!

まずはお気軽にご連絡ください!