エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

【研修とは】新人研修やコンプライアンス研修などテーマ別に研修をご紹介

>>【無料eBook】物理的な距離をどう超えるのか?部門間コミュニケーション促進事例4選

研修とは

研修とは一般的に、知識やスキルを得るための講座のことをさします。とりわけビジネスシーンにおいては、業務をする上で必要な知識やスキルを習得するための各種勉強会や講座をさすことが多いでしょう。

また、社内で研修プログラムを用意して実施する社内研修と、外部の企業や専門家に委託する外部研修の2つに分けることができます。

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

400社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

研修の目的

研修の主な目的は、社員の教育や能力向上です。

研修によって、対象のメンバーや向上を促す能力は様々ですが、例えば研修の対象が新入社員の場合、基本的なビジネスマナーや業務上必要な基礎知識を定着させることが目的になります。

また、研修の際には、指導者(上司)と研修を受ける社員のそれぞれが「なんのためにこの研修を受けるのか」ということを理解し、自覚することが大切です。

さらに、研修を一度行って終わりではなく、その後の業務で研修の内容が正しく定着しているのかを検証し、身についていない場合は再度研修を行うなどの必要があります。

対象者・目的・テーマ別の研修まとめ

一口に研修といっても、研修は目的や対象などによって多くの種類が存在します。

誰に向けて、どのような目的で研修するのか、それにはどのような研修が必要なのかを明確にしておくことが大切です。

今回は上記の表に合わせて、対象・目的別に6つの研修を紹介していきます

新人研修(新卒社員研修)

“新入社員”には、社会人未経験の状態で入社する新入社員と、転職等で入社する中途入社社員(新入社員)の二通りあります。しかし、“新入社員研修”と聞くと、前者を想像する方が多いのではないでしょうか。

新卒入社社員を受け入れる際、どの会社でも新入社員研修を実施することが当たり前になってきました。

ユニークな新入社員研修を行っている会社は、ニュースなどでも紹介され、会社ごとに工夫を凝らしてプログラムを組んでいるところが多くなっています。

ここでは、新入社員研修の目的や取り入れるべきカリキュラムなどを紹介します。

新入社員研修の目的

①社会人として身につけるべき基本のスキル・知識を学ぶ

どの職種であっても、身につけるべき社会人としての基本のスキルは、新入社員研修の間に見につけておくことが必要です。主にビジネスマナーや社会人としての基本の行動、会社によっては会社が求める行動指針などを学ぶことがが当てはまります。

②社会人の自覚を持つ

社会人未経験の新入社員が社会人としての自覚を持たないまま現場で仕事をしても、うまく対応できなかったり、これまでとの生活とのギャップを感じてしまったりします。

脅す必要はありませんが、社会人としてこれまでとは求められることが違うということは、最初にしっかりと自覚を持てるように指導していく必要があります。

③同期同士のつながりを持つ

離職を防ぐ対策の一つに、“同期とのつながり”があります。

入社した新入社員が早期に離職してしまう前に、悩みを相談したりできる仲間づくりを意識することも新入社員研修の目的の一つといえます。

※参考資料:早期離職を防ぐために会社が行うべき施策とは 内定者、新入社員、既存社員向けのTUNAG活用事例

※参考記事:
社員の離職を防ぐ「リテンションマネジメント」の施策とは?〜青山学院山本教授インタビュー(前編)〜
社員の離職を防ぐ「リテンションマネジメント」の施策とは?〜青山学院山本教授インタビュー(後編)〜

新入社員研修に取り入れると良いカリキュラム

・社会人としての心得

社会人と学生の違い、会社とは何かなど、まずは社会人としての自覚を持てるように解説する時間があると良いでしょう。

・ビジネスマナー研修

ビジネスマナーがなぜ大切なのか、挨拶や名刺交換、なかなか後では教えてもらえないようなマナー、敬語の復習など、現場の方が「そんなことも知らないのか」とならないよう、基本的な知識は得ておきたいですね。

とはいえ、ビジネスマナーは1日では身につきませんので、後で振り返ることのできるテキストや図書を用意しておくと良いでしょう。

・自社を知る研修

会社によって異なる内容になるのがこちらです。

まず、自社がどのような経営理念で会社を経営しているのか、社員に求めることは何なのか、会社のことを知ってもらうための場が必要です。ここは社長など経営陣の方が説明する時間にしても良いかもしれません。

・自社の事業を知る研修

会社のことが分かったら、次は自社の事業を知るための時間を設けます。自社のサービス・製品の理解をしっかりすることは、会社への愛着や、自分の自信にもつながります。

また、これから色々な部署に配属になり、バラバラになるため、自分の部署以外の事業のことを知ることができる機会は減ってしまいます。是非各事業部の部長などから自社の事業の現状やこれからのことなどを理解できる機会を設けましょう。

・チームビルディング研修

新入社員の絆、つながりを深めることを目的としたチームビルディング型研修を入れておくと、同期同士での仲間意識やライバル意識が醸成されます。外部研修機関に依頼する形や、自社で企画する形など様々な実施方法があります。

※参考記事:チームビルディングとは?すぐに始められるゲームやアクティビティ例をご紹介

こちらの記事では、新入社員研修についてより詳しく解説しています。ぜひご一読ください。

無駄にならない「新入社員研修」の計画の立て方・カリキュラム例。ユニークな事例も

コンプライアンス研修

コンプライアンスの意味と研修の目的

コンプライアンスとは法令遵守を意味し、法や社会的倫理、企業が定めるルールや規則などに従って業務を遂行する事を意味します。

法令遵守の他にも同義語としてはルールに従う、遵守、準拠、企業倫理などが挙げられ、消費者や株主、従業員などの利害関係者の立場に立って経営を行う事の総称として使われるようになりました。

2000年に入った頃から大企業の不祥事や不正行為が立て続けに起こり、消費者、株主、銀行、投資家など多方面からの信頼を大きく失った結果、企業イメージが大きくダウンしました。

これらのリスクマネジメントの1つとして、コンプライアンスの遵守が注目されるようになり、様々な会社でコンプライアンスについての研修が行われるようになりました。

コンプライアンスについて学ぶことができる研修例

SMBCコンサルティング

三井住友銀行グループが主催するコンプライアンス研修です。プログラムではコンプライアンスの基礎的知識を学び、身近なコンプライアンス違反例や法律などを正しく認識し、コンプライアンスに対する意識を高めていきます。

参考:https://www.smbcc-education.jp/training_detail/コンプライアンス研修/?c=1&t=employee

リクルート マネジメント ソリューションズ

リクルートグループが主催する実践コンプライアンス研修です。企業で発生しうる不祥事などのコンプライアンス、メンタルヘルス、ハラスメント問題などに対し、適切に判断・対応できるスキル習得を目的としたプログラムとなっています。

参考:https://www.recruit-ms.co.jp/service/service_detail/org_key/T128/

コンプライアンスの意識を高めるためには、継続的な取り組みが必要

不祥事などのコンプライアンス違反が起こると企業イメージに深刻な影響を与え、場合によっては倒産など再建が難しくなる事もあります。

社内教育・体制を整え、日頃から従業員が意識的にコンプライアンス違反を許さない企業風土を構築していく事が重要とも言えるでしょう。

こちらの記事では、コンプライアンス研修についてより詳しく解説しています。ぜひご一読ください。