エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

hr-column

HRコラム

在宅勤務によるストレスの原因と3つの解決策

政府による働き方改革の促進と新型コロナウイルス感染拡大防止の影響により、急速に普及したオフィスに出社せずに自宅で働く在宅勤務という働き方。

内閣府が令和2年12月に発表した資料によると、在宅勤務実施率は全国平均で21.5%となっており、東京23区だけに限定すると48.4%という結果になっています。前回5月の調査と比べるとどちらも減少していますが、それでも依然として多くの企業が在宅勤務を実施しているということが分かります。

ポストコロナ時代の新しい働き方として高い注目を集めている在宅勤務ですが、その一方で、従業員がオフィスに通勤していた時とは違うストレスに悩み、それが原因で企業の生産性が落ちてしまうという問題も浮き彫りになりました。

この記事では、在宅勤務によるストレスの原因と、企業がその問題を解決するために取り組むべき解決策を紹介していきます。現在、在宅勤務をしている従業員のケアに悩んでいる方、または今後の導入を考えている方は、ぜひこの記事を参考にして下さい。

在宅勤務のストレスの原因

在宅勤務 ストレス

労働人口が多かったかつての日本企業は採用を最重要視し、一括採用によって優秀な人材を大量に確保することが可能でした。しかし現在は少子高齢化の影響で労働人口が減少し、優秀な人材を大量に確保することは困難な状況です。

「企業は人なり」という言葉がある位、企業にとって従業員は何よりも重要な欠かせない存在です。どれだけ良い商品やサービスがあっても、会社の理念やビジョンに賛同して現場で働いてくれる従業員がいなければ、企業の業績は伸びません。

在宅勤務により従業員がどのようなストレスに悩んでいるのか、まずはその原因を詳しく紹介していきます。

気軽なコミュニケーションが取れない

従来のオフィスでみんなで集まって働く環境ではない在宅勤務では、同僚や上司に気軽に報告や相談をすることができません。前述した内閣府が発表した資料でも、在宅勤務の不便な点としてコミュニケーションに関する問題が多く挙げられています。

  • 社内での気軽な相談や報告が困難⇒38.4%
  • 画面を通じた情報のみによるコミュニケーション不足やストレス⇒28.2%
  • テレビ通話の質の限界⇒23.5%

今までは社内で何気なく行っていた相談や報告が気軽にできなくなり、画面を通じた情報のみしか基本的には得ることができないため、コミュニケーションが不足してストレスを感じてしまうという悩みが挙げられています。

これらは、従来のオフィスにみんなが集まって仕事をする時には発生しなかったストレスなので、在宅勤務特有の問題点であると言えます

人との接点が薄くなり、日常的な会話量が減ることでストレスが蓄積していきます。普段オフィス内で何気なく行っていた日常会話は、実はストレス軽減のために大きな効力を発揮していたものだということは、在宅勤務を通して判明したことではないでしょうか。

孤独感

在宅勤務を続けることで、孤独感を感じてメンタルに悪影響を与えてしまう方も多くいます。

当たり前すぎて気付かなかったことではありますが、従来の働き方であるオフィスにみんなが集まって仕事をする環境であれば、誰にも会わないということはありません。同僚、上司、クライアントなど、社内だけでなく対外の人と会話をする機会も少なからずある訳で、その時も仕事のことばかりを話すわけではありません。

仕事終わりの飲みに行く約束、昨日放送されたテレビの話題など、仕事に関する会話の他にもさまざまな日常会話を交わしているはずです。実はこれが、人とのコミュニケーションを構築する非常に大きな部分なのです。

在宅勤務が増えて孤独を感じるという悩みが多いのは、人と接する機会が極端に減ったことが大きな原因です。さらにそこへ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛要請が発令され、気軽に仕事終わりにお酒を飲める環境でもなくなってしまいました。

孤独感を抱えながら仕事をしていると、従業員のメンタルは悪い方向へ向かいます。最悪の場合は心の病にかかり、鬱症状で仕事ができなくなり長期離脱を余儀なくされるというケースも十分に想定できます。

家族やパートナーが近くにいれば極端な孤独感にさいなまれることなく仕事に集中できるかもしれませんが、単身者は在宅勤務が続けば誰とも話さない期間が伸びていきますので、従業員の心の健康を守るためにも、この点は早急な改善策を要する必要があります。

オンとオフの切り替えが難しい

在宅勤務では仕事とプライベートのオンとオフの切り替えが難しく、それも従業員が感じるストレスの大きな原因になっています。

従来の働き方の場合、オフィスにいる時は仕事に集中して、仕事が終わって自宅に戻ってきたら仕事はしないというオンとオフの切り替えが容易にできましたが、在宅勤務の場合は仕事もプライベートも過ごす場所が同じ自宅なので、家でゆっくりしていても仕事のことが気になってしまったり、反対に仕事中にもかかわらずその他のことに気を取られてしまったりと、オンとオフが混同してしまいがちです。

いつでも気付いた時に仕事ができる環境にある在宅勤務は、際限なく仕事をしてしまう従業員も多くいます。その結果、時間外労働が増えてしまい、プライベートな時間が少なくなることでストレスが溜まってしまいます。

在宅勤務による従業員のストレスを解消する方法

在宅勤務 ストレス

在宅勤務により従業員がストレスを抱える原因として、コミュニケーション不足、孤独感、オンとオフの切り替えができないという3つを上記で紹介してきました。

従業員のメンタルケアは企業にとって重要な施策であり、ストレスを感じずに快適な労働環境を構築することで、企業の生産性も上がります。

ここからは、この記事で最も伝えたい部分である、従業員が在宅勤務で感じるストレスを解消する方法を紹介していきます。

コミュニケーションツールの導入

コミュニケーション不足によるストレスは、社内共有ツールの導入で解決できます。

顔と顔を合わせて会話をすることができない環境だからこそ、オフィス内で共に仕事をしている時以上に密なコミュニケーションを交わす必要があります。コミュニケーション不足による伝達ミス、企業のビジョンを共有できていない、認識のズレなどは仕事に支障をきたす可能性が十分に考えられますので、密なコミュニケーションを取り生産性を向上させましょう。

社内で共有のコミュニケーションツールを導入することで、以下のメリットを得られます。

  • コミュニケーションの場を作ることで社内に一体感が生まれる
  • 明確な目標を可視化することで皆が同じ目標へ進んでいける
  • 気軽に会話や相談ができる場を作ることでひとりで悩みを抱えることがなくなる

コミュニケーションツールを導入して従業員同士が会話できる場を作り、明確な目標を可視化することで在宅勤務でも従業員のモチベーションを上げることが可能です。

企業のビジョンを共有できれば一体感が生まれ、従業員が仕事へ取り組む姿勢にも変化が見えてくるでしょう。

弊社が提供するエンゲージメント経営プラットフォーム『TUNAG』は、現場で働く従業員の行動や頑張りを可視化することで、自然と従業員同士の理解と共感を強め、一体感を高める仕組みをつくることができます。

気軽に顔と顔を合わせることができない環境だからこそ、他の人が今何をして何を頑張っているのかを可視化することは、コミュニケーションが不足しがちな在宅勤務に最適であると言えるでしょう。

顔を見ながら雑談する時間を設ける

在宅勤務による孤独感を解消するために、社内で時間を決めて、みんなで仕事の話ではなくただ単純に雑談するだけの時間を設けてみましょう。

在宅勤務中も朝礼や会議などで顔を合わせているという企業は多いかもしれませんが、雑談の時間を設けている企業は少ないはず。前述した気軽にコミュニケーションを取れる場を提供するのも孤独感を解消する方法ではありますが、顔を見ながら会話をする機会を定期的に作ることで、さらに従業員の孤独感を解消するための手助けができるはずです。

例えばオフィスで仕事をしていた時は、休憩時間中は仲間と共にランチを食べ、その時にたわいもない会話で盛り上がることも多かったはずです。そういった時間が在宅勤務の場合はなくなってしまいますので、社内の士気を上げるという意味でも、仕事以外の時間で顔を合わせて会話をする機会は必ず作るべきです。

従業員の勤怠を管理しなければいけない役職の方は特にこの点に注目し、従業員が孤独感に悩まされている可能性があるということは頭の片隅にでも必ず置いておきましょう。

労務管理を徹底する

企業がきちんと労務管理を徹底することで、従業員はオンとオフの切り替えができるようになります。

労務管理とはサボっている人を監視するという目的だけではなく、働き過ぎている人に休憩を促したり、溜まっているタスクを他の人に振るなどして、従業員がオンとオフをきちんと切り分けられる環境を作ってあげるという意味合いも込められています。

具体的には、以下の取り組みをおすすめします。

  • 就業時間と休憩時間の境界を明確にする
  • 目に見える結果を出さなければいけないというプレッシャーから解放してあげる
  • 従業員同士が抱えているタスクを把握できるようにする

在宅勤務の場合、就業時間と休憩時間の境界が曖昧になっている時が多いのですが、これは必ず明確にして下さい。

在宅勤務は目に見える結果を出さなければサボっていると思われるというプレッシャーを従業員は少なからず感じていますので、休憩時間を取らずに働き過ぎてしまうという方も多くいます。長時間労働は心と体を疲弊させ、従業員の疲弊は生産性の低下へと繋がります。

従業員同士が抱えているタスクを把握できるようにしておけば、誰がどんな作業をしているのかが分かり、どこが今忙しいのかも分かります。在宅勤務では分かりにくい部分をきちんと企業が分かりやすくしてあげることで、これらのストレスを解消することができるでしょう。

まとめ

在宅勤務で従業員が抱えているストレスの原因と、それを解消するための解決策を紹介してきましたが、参考になりましたか?ストレスを抱えながらの仕事は生産性が悪く、従業員に心地よい環境で働いてもらうためには在宅勤務でも快適に働ける環境を企業が作らなければなりません。

従業員が抱える大きなストレスの原因であるコミュニケーション不足や孤独感は、弊社が提供する『TUNAG』を導入することで解決へと導くことができます。

エンゲージメント経営プラットフォームのTUNAGは、組織が目指す姿を社内制度という形で現場に浸透させることができ、従業員の行動や反応をリアルタイムで見えるようにすることで、コミュニケーション不足と孤独感を解消します。

TUNAGを使えば経営陣と従業員の距離が縮まるだけでなく、従業員同士の距離も縮まりますので、在宅勤務で離れて働いている人同士でも一体感が生まれ、作業効率を格段に上げることができるでしょう。

まずは、3分で分かるTUNAGのサービス資料のダウンロードから、ぜひよろしくお願いいたします。

お問い合わせ・資料請求

在宅勤務の方はご連絡可能なお電話番号をご記入ください

お役立ち資料