エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

「サバゲー」がチームビルディングにおすすめな理由。
実際に体験してきました!

サバゲーとは?

サバゲーとは、“サバイバルゲーム”の略で、エアソフトガンとBB弾を用いて、戦闘のように敵と味方に分かれて撃ち合うゲームです。

BB弾が自分の体に1発でも当たれば、その時点で失格となります。「ヒット」と自己申告し、フィールド(サバイバルゲーム施設)から退場します。

場所は専用のフィールドを利用

公園などの公共の場所で行うのは非常に危険なため、通常は専用のフィールドを利用します。フィールドにはさまざまな種類があり、インドアな施設から森林や工場跡地まで多種多様です。

人数は少人数〜大勢でも可能

参加人数に特に決まりはありませんので、少人数から大人数まで楽しむことができます。

ゲームにかかる時間は10分〜数時間まで様々

1ゲームに要する時間はフィールド毎にさまざまで、10分のものから1時間、数時間まで行うことがあります。自分に合った楽しみ方を模索し、無理のない範囲で楽しみましょう。

サバゲーの代表的なルールは「フラッグ戦」

サバゲーのゲーム形態はさまざまで細かいルールは各フィールド毎に設定されていますが、ここでは代表的なルールについて1つご紹介します。

「フラッグ戦」は、サバゲーの中で最もオーソドックスでルールは簡単です。チームを2つに分け、それぞれの陣地に旗をたてます。相手チームの旗を先に獲るか、敵をすべて倒したチームが勝ちになります。

通常は20分程度の制限時間で行われますが、この短い時間で敵を突破して旗を獲得したり、敵を全員倒すのはなかなか難しく、引き分けとなることが少なくありません。

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

400社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

チームビルディングに「サバゲー」がおすすめな理由

昨今、企業での研修や福利厚生の一つとしてサバゲーを取り入れるケースが増えているそうです。サバゲーを取り入れる主な目的として、「チームビルディング」があげられますが、なぜサバゲーがチームビルディングにつながるのでしょうか。

メンバーが同じ目標に向かって取り組める

そもそもチームビルディングとは「一つの目標にむかってメンバー全員が進んでいける強い組織づくり」のためにとられる手法です。その「メンバー全員が同じ目標に向かう姿勢」は、まさにサバゲーで実現できます。ルールもシンプルですので、“目標”がずれることはありません。その目標に対してどう向かっていくか、というコミュニケーションにより注力できる点で、チームビルディングとして効果的です。

意外と楽しい

このようにいつもと違う場でチームビルディングを行う場合、なるべく全員が楽しめるようなアクティビティにすることが重要です。

サバゲーと聞くと、「女性やスポーツが苦手な人にはちょっと……」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。実際に女性メンバーもいる中で体験してきましたが、みんなが役割分担を行い、楽しく取り組めていました。(体験談は後述します)

必然的に濃密なコミュニケーションがとれる

サバゲーは大人数でやるため、チームワークが非常に大切です。事前に戦略を立て、戦闘中は仲間同士でアイコンタクトをとりつつ味方の動きを把握し、それに合わせて自らもポジショニングしていくことが求められます。

あまり話したことが無い人かどうかは関係なく、コミュニケーションを取らざるを得ない環境が生まれます。それがまさにチームビルディングにつながるのです。

チームビルディングにサバゲー、実施してきました!

とはいえ、実際のところどうなのか、本当にチームビルディングにつながるのかどうかはやってみないと分かりません。そこで、スタメンは全社をあげて体験してきました。

会場となったのは静岡県沼津市にある「Delta Force 沼津」さんです。森林フィールドで木や草、建物などが多くあり、結構広く感じました。

わたしたち約30名は、3チームに分かれて2ゲームずつ行いました。今回体験したのはフラッグ戦です。銃やゴーグルを装備するだけでワクワクします。

サバゲーで感じた、チームビルディングの効果

「楽しい」体験を共有でき、一体感が生まれる

ほとんどのメンバーはサバゲー初心者でしたが、分からないなりに役割分担をし、戦略を練って取り組みました。その姿は、みんな子どもに戻ったようで、普段の肩書や役職に関係なく楽しんでいました。また、自然に一体感が生まれ、純粋にゲームを楽しむことができたのはとても良い体験でした。

普段と違う一面が見れて、親近感がわく

実際にゲームをやってみると、