エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

サーバントリーダーシップとは?メリットデメリット、事例などをご紹介!

エンゲージメントサーベイとは?

サーバントリーダーシップとは?

「サーバント」とは、英語で「使用人」を意味します。サーバントリーダーシップとは、その言葉通り、「リーダーはまず相手に奉仕すること。そして、その後相手を導くものである」という考え方をいいます。

サーバントリーダーシップは、1970年にアメリカのロバート・K・グリーンリーフ氏が提唱したリーダーシップ哲学です。リーダーは相手に奉仕や支援をすることで信頼をつかみ、協力を得るというこの考え方は、サウスウエスト航空やスターバックスなどさまざまな企業で取り入れられました。

サーバントリーダーシップの対義語は?

サーバントリーダーシップと反対の概念として、支配型リーダーシップが挙げられます。

サーバントリーダーシップのリーダーが、部下の能力を信じ、目標達成や自己実現を支援して成長へと導くのに対し、支配型リーダーシップのリーダーは、自分自身が高い能力や知識を持ち、指示や命令を出すことで部下を動かします。

サーバントリーダーシップのもとで働く部下は、指示を出される前に主体的に動いたり、リーダーを信頼し、リーダーが掲げるビジョンを意識してやるべきことに集中しようとしたりします。

一方、支配型リーダーシップのもとで働く部下は、指示されたことをやろうとしたり、役割や指示内容だけに集中しようとしたりする傾向があり、「リーダーに従っている」という感覚を持っています。

▼参照元
サーバントリーダーシップとは|NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会
サーバントリーダーシップについて|REALISER.Inc

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

450社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

サーバントリーダーシップのメリットデメリット

サーバントリーダーシップを導入することで、組織にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

社員のモチベーションが向上し、行動が変わる

サーバントリーダーは、社員の意見や希望に耳を傾け、癒やし、成長する機会を提供します。そのため、メンバーは「自主性を尊重されている」「チームの一員として大切に扱われている」「このリーダーに協力したい」といったように、モチベーションが向上します。リーダーとメンバー間に信頼関係が生まれることで、メンバーはリーダーに応えようと仕事への士気が上がります。

社員が成長し、パフォーマンスが向上する

サーバントリーダーは、社員が何を実現したいか、どんな目標を掲げているかを把握し、そのために自分は何ができるかを考えて、社員の成長を支援します。失敗を恐れず果敢にチャレンジできる環境の中で、社員は自分自身を成長させることができます。社員が成長することでパフォーマンスが上がり、結果的に組織全体の底上げにつながっていきます。

デメリット

丁寧な傾聴が組織の方向性決定の足かせになることも

サーバントリーダーには、メンバーの意見や希望にしっかりと耳を傾ける「傾聴」という特性があります。1人ひとりの話をじっくり聴くことは、メンバー個々の主体性を育てたり、モチベーションを向上させたりといった点で有効ですが、一方でじっくり話を聴きすぎて、方向性の決定に時間がかかってしまうおそれがあります。

経験や知識が少ないメンバーの士気低下につながる

サーバントリーダーシップのもとでは、メンバーの主体性が重視されます。すでに社会人経験や業務知識のある人、成長志向のある人にとってはまたとない環境ですが、社会人経験が浅い人、自ら考えて動くことが苦手な人にとっては苦痛に感じるかもしれません。そうしたメンバーへのフォローが必要です。

▼参照元
サーバントリーダーシップとは? ビジネスに効く最新のリーダーシップ論|カオナビ
「サーバントリーダーシップ」とは?基礎的な知識、メリットデメリットを解説|Talknote Magazine

サーバントリーダーシップの事例

実際に、企業でどのようにサーバントリーダーシップが取り入れられているか、代表的な例をご紹介します。

資生堂

資生堂が推進するのは、「お客様」を一番上に置いた逆ピラミッド型のサーバントリーダーシップ組織経営です。

資生堂の再生をミッションとして社長に就任した池田守男氏は、お客様への奉仕と現場第一主義を念頭に、お客様の次に店舗スタッフを上層に据えました。池田氏は自ら店舗などの現場を回り、店舗スタッフと積極的に対話することで、社員が働きやすい環境を整備。組織を改革してきました。

参照元:資生堂のサーバント・リーダーシップとは?池田守男氏の奉仕型リーダーシップを徹底解説!|識学総研

スターバックス

質の高い社員教育と顧客へのホスピタリティを徹底するスターバックス。同社が掲げるバリューに、「お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられるような文化をつくります」とあります。

上司・部下分け隔てなく心から認め合おうという姿勢に、同社のサーバントリーダーシップが表れていると言えるでしょう。

スターバックス・インターナショナル元社長のハワード・ビーハー氏は、「スターバックスが世界的なコーヒーショップとなった背景には、サーバントな文化・人を大切にする文化を原動力としてきたからだ」と明言しています。

参照元:OUR MISSION|スターバックス

サイバーエージェント

株式会社サーバーエージェントでは、優秀な人材を活性化するために、サーバントリーダーシップを取り入れています。

現在までに100社以上の子会社を生みだしてきた同社では、「スタートアップJJJ」という新規事業創出のための制度を策定。事業撤退のルールを明確に定めたうえで、その範囲内で社員の自己実現を支援しています。

▼参照元
サーバントリーダーシップとは?「10の特性」から事例まで紹介|まもりの種
「サーバントリーダーシップ」とは?基礎的な知識、メリットデメリットを解説|Talknote Magazine

サーバントリーダーシップの有名人

サーバントリーダシップを発揮して組織を成長させた事例としてたびたび挙げられるのが、2015年から2018年まで箱根駅伝を4連覇に導いた、青山学院大学陸上競技部の原 普監督です。

原 普監督

青山学院大学を箱根駅伝4連覇に導いた原 普監督。チームの成熟度によって4つのステージにわけ、指導方法を柔軟に変えてきたといいます。

1つ目のステージが、指導者が命令をして選手を動かす君臨型。2つ目が、チームをいくつかのグループにわけ、各代表に指示を出してメンバーに伝える指示型、3つ目が、監督が伝えるのは方向性だけで、中身を部員が考えるステージ。最後、4つ目がサーバント型です。サーバント型の指導では、監督はサポート役に徹し、選手の自立を促します。

サーバンド型に行き着いたチームは、監督が指示を出さなくても、学生が自ら考え練習に取り組むようになります。

原監督は選手の成長を促すため、選手たちにとって「実現できる半歩先の目標設定」をしました。それをグループ内で議論させ、それぞれで管理し、目標達成の成功体験を重ねることで、常勝チームが形成されていきました。

参照元:半歩先の目標を設定 成功体験積み重ねれば選手は成長|NIKKEI STYLEキャリア 私のリーダー論

サーバントリーダーシップ 「10の特性」

サーバントリーダーには、次の「10の特性」があると言われています。

傾聴

傾聴は、カウンセリングにも用いられる手法です。サーバントリーダーは、メンバーの意見や希望に耳を傾けることができます。同時に、自分自身の内なる声にも耳を傾け、「リーダーとしてメンバーのために何ができるのか」を考え部下を支援することで、自らの成長をも促します。

共感

傾聴をするためには、自分をメンバーの立場に置き換えて、「何をしてほしいか」を考えることが大切です。人の気持ちに共感し、理解することで、部下はリーダーを信頼し、協力したいと思うようになります。

癒やし

チームメンバーの中には、仕事で失敗したり、人間関係がうまくいかなかったりして悩んでいる人もいるでしょう。サーバントリーダーは全体を見渡し、そうした傷ついた人を見つけ、癒やすスキルが必要です。

気づき

サーバントリーダーの特性としての「気づき」は、チーム全体はもちろん、自分自身への気づきを指します。自分と自部門を知ることで価値観・倫理観が多様化し、リーダーシップをさらに向上させます。

説得

リーダーという職位を利用して部下を服従させたり、服従を強要したりするのではなく、リーダー本人の要素によって他者を説得できるスキルをいいます。

概念化

サーバントリーダーは、日常の業務の目標を超えて、自分の考えを飛躍させることができます。チームの目標やビジョンを明確にし、チームメンバーに的確に伝える能力も、リーダーには必要です。

先見力

現在の状況がこの先どんな未来をもたらすか、見定めようとする能力も、サーバントリーダーには必要です。過去の教訓や現在の現実を見て、将来何が起こるかを予測し、トラブル回避などに活かします。

執事役

大切なことを任せても「この人ならやれる」と信頼される人物は、執事役をまっとうできます。メンバーのために、自らは一歩引いて支援に徹する。そうした姿勢が信頼を呼びます。

人々の成長に関わる

サーバントリーダーは、「メンバーが成長できる環境とは何か」「メンバーの成長のために自分ができることは何か」を考え、実行する能力を備えています。メンバーが持つ可能性を信じて、成長を支えます。

コミュニティづくり

メンバーそれぞれが成長できるコミュニティを形成します。メンバーは主体性を持ってコミュニティに参加し、相互に協力しあいます。

▼参照元
「サーバントリーダーシップ」とは?基礎的な知識、メリットデメリットを解説|Talknote Magazine
スピアーズによるサーバントリーダーの属性|NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会

サーバントリーダーシップを実現するには社内コミュニケーションの仕組みづくりが重要

リーダーが自らチームに奉仕することで信頼関係を築き、それぞれが自主性を持って仕事に取り組めるようになれば、生産性が高まります。

こうしたサーバントリーダーシップを実現するには、社内コミュニケーションが重要であることは言うまでもありません。リーダーからは、メンバーに向けて自分の想いを発信したり、賞賛したりすること。メンバーからは、リーダーに向けて自身の意見やアイデアを伝えること。

エンゲージメント経営プラットフォーム「TUNAG」は、アプリ上のタイムラインで相互にやり取りをしたり、サンキューカードを送ったりといった双方向コミュニケーションを叶えます。

サーバントリーダーシップの一環として、こうしたデジタルツールを導入するのも1つの手段です。

▼こちらのページをご覧いただいた方には、以下のコラムもオススメです!▼

リーダーシップとは?ドラッカーの定義から学ぶ「能力のある人の特徴」
効果的な「1on1」は上司のやり方が全て。部下が成長する進め方とは
効果的な部下の褒め方のコツとは?やってはいけない例や参考書籍もご紹介

3分でわかるTUNAGサービス資料

関連する記事

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。

お役立ち資料