エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

hr-column

HRコラム

「企業文化」が会社を強くする。醸成するための方法や企業例をご紹介

>>【無料eBook】カフェ・カンパニーの「現場から意見の上がる活気のある会社づくり」実践事例

企業文化とは

企業と従業員の間で共有されている「価値観」や「行動のあり方」のこと

企業文化とは、【企業と従業員の間で共有されている価値観や行動様式・生活習慣】のことを指します。

「企業文化」という言葉は、経営陣の方だけでなく、就職活動中の方も見聞きする機会が多くあります。会社の業績や事業内容だけでなく、企業文化によるイメージが会社そのもののブランディングや評価につながることもあり、文化形成を意識的に取り組んでいる会社も多いのではないでしょうか。

企業風土との違い

「企業風土」と同じイメージを持たれることがありますが、少し違います。

「企業風土」は人と人が作り出していく雰囲気や、人間関係が土台となって自然と生まれていくものとされていますが、「企業文化」は企業が打ち出す経営理念や、行動指針などをもとに形成されるものがベースで、意識的につくりあげていくものです。

>>〜人と組織の強さが、企業の成長を左右する〜エンゲージメントが高まるたった1つの考え方

エンゲージメントが高まるたった1つの考え方

企業文化が重要な理由

従業員全体にとって共通の指針になる

部署や職種が違うメンバーでも、統一された行動の指針となるものがあれば、それぞれの環境で一つのビジョンの達成に向かって行動ができます。

組織を強くし、1つにまとめて会社として正しい方向に向かうには、統一された価値観が必要です。従業員が日々の業務で迷いや悩みが出た時に、その指針に立ち返って行動できたり、上司が会社と同じ価値観のもとにマネジメントしたりできるようにするためには、「共通の指針」が無いと判断できません。

強い組織づくりの土台になる

企業文化が明確で統一されていれば、従業員は安心して目標に向かって行動することができます。一体感を生むことで、強い組織づくりのための土台になります。全員が同じ価値観を共有していれば、互いの協力が適切に行われるようになり、チームワークも向上するでしょう。

ビジョン達成に向けて、個々が成果をあげられる環境を作りだす

企業文化が確立していると、「自分はどう会社に貢献できるか」を自ら考えるようになります。企業文化に「挑戦」が含まれるような会社であれば、それぞれが挑戦的なアイデアを出したり高い目標達成に向かうようになります。

「顧客満足度向上」を重視する企業文化であれば、自分がどう動けばお客様が喜んでくれるのかを考える環境ができます。結果、個人の持つパワーを最大限発揮できる組織づくりにつながります。

優れた企業文化とは

優れた企業文化が築かれていれば、従業員一人ひとりのつながりが強くなり、組織としても会社としても強くなります。しかし、「これが優れた企業文化です」と定義することはできません。会社によって経営理念や目指す方向性が違うため、会社にとっての優れた企業文化の形はさまざまです。

その中で、自社にとっての優れた企業文化を形成するためには、以下のような項目に当てはまることがポイントではないでしょうか。

1)経営理念・ビジョンが明確で従業員に浸透していること

企業文化は、会社によって異なるものです。しかし、「会社の考え」が浸透していないままできあがった企業文化は、本来のあるべき企業文化とは異なるものになるでしょう。

業績向上につながる企業文化にするためには、会社が向かう目標やビジョンが明確であり、従業員に浸透している必要があります。日々の業務において様々な判断をする時に、経営理念やビジョンが浸透ていればその判断がズレることを防ぐことができます。

2)従業員に求める行動指針が明確になっていること

企業の経営理念や行動指針は、行動にうつるものでなければなりません。結果のためのプロセスを考える際や、決断が必要な場面で、「行動指針」という軸があれば、最短ルートで成果をあげることができます。

新しく組織に入ったメンバーでも、周りの従業員の行動が行動指針に沿ったものになっていれば、迷うことなく早期から組織の一員として適切な行動をとれるようになるでしょう。

3)行動指針が評価される仕組みが整っていること

行動指針が明確になり、それを理解した従業員がいても、実際に行動した結果評価につながったり称賛する文化がなければ長続きしません。優れた企業文化は、行動指針にそった行動を適切に評価される場が作り上げられています。

例えば、行動指針に沿った素晴らしい行動を称え合うサンクスメッセージや表彰制度、MVP制度はそれに当てはまります。普段の業務の延長で、会社からだけでなく従業員同士でも称え合う企業文化ができていることで、個人のモチベーションの向上やエンゲージメント向上につながるでしょう。

4)会社のビジョンなどを理解し、共感した人材がいること

ビジョンを理解し、共感した人材がいなければ、会社経営理念を実現するために組織がまとまることはできません。また、能力的に優秀な人材がいたとしても、会社のビジョンと合わない行動をとっていれば、組織の一体感を生むことができず、成果につながらないこともあるでしょう。

優れた企業文化を作り上げるには、「人」そのものも重要です。会社のビジョンや経営理念を理解し、情熱を持って行動する人がいることで、企業文化をさらに強固なものにしていくことができます。

 

企業文化を醸成・浸透させるためには

企業文化は、会社からの一方的な推進により形成されるものではありません。従業員に腹落ちし、その文化に合った行動に移ることが重要です。

企業の一員であることを認識させる

「自分はこのビジョンを持つ企業に属している」という自覚を促すことが大切です。そのためには、日頃の行動や成果に対する適切なフィードバックや称賛を与え合うことが効果的です。

IT企業のDeNAでは、共通の姿勢や意識として「DeNA Quality」を定めていますが、その中に「全力コミット」という項目があります。そこには「球の表面積を担うプロフェッショナルとしてチームの目標に向けて全力を尽くす」という記載があり、企業の一員として、“どんな立場であれあなたは会社の代表となりますよ”ということを表した項目になっています。

このような形で、行動指針の中に、自身が企業の一員であり、会社を代表する人間であることを意識させる項目を入れても良いでしょう。

また、表彰制度やサンクスメッセージの活用を始めて、「この組織はしっかりと自分の行動を評価してくれる。」という実感を持つことで、組織への信頼が高まり、従業員同士、さらには企業と従業員の信頼関係がしっかりと構築されたという事例もあります。

企業文化に沿った社内制度作りを行う

社内イベントや福利厚生的な取り組みなどを、企業文化にしっかりと合わせた内容にして社内制度化することで、企業文化を日常的に実行・意識してもらうことができます。

企業文化は会社の方針を含めて意識的につくっていくものですが、強制的にできるものでもありません。会社の方針や経営理念など、会社の想いを社内制度や仕組みに取り入れることで、自然と浸透していきます。

また、イベントや福利厚生的な面だけでなく、組織内で必要なコミュニケーションや報告等も企業文化に合わせた制度として整えることで、普段からの業務に企業文化を組み込んでいくことができるでしょう。

また、採用においても、企業文化に基づいた基準を設けておくことでミスマッチを防ぐことができます。

関連記事:ミスマッチが起こる理由は? 離職を防ぐには採用時と入社後のフォローがポイント

企業文化の例

トヨタの価値観や手法を表現した「トヨタウェイ」

トヨタの競争力の源泉とも言われる“トヨタウェイ”。トヨタがどのような会社でありたいかということを表現した基本理念としてまとめられています。トヨタウェイには2つの柱があります。

知恵と改善
人間性尊重

“知恵と改善”は、まさに「カイゼン」という言葉を全世界に広めたトヨタを表現するものです。この改善を進めるのがまさに「人」であり、だからこそトヨタウェイには“人間性尊重”というもう一つの柱があるのではないでしょうか。

頭を使い、改善をしていくのは人であり、だからこそ、その「人」を大切にするため様々な環境を提供しているトヨタ。北米に進出する際は、日本のリーダーを派遣し、まずはトヨタの文化を広め、企業文化を理解したリーダーを育て上げたといいます。

参考:ジェフリー・K・ライカー(2004)『ザ・トヨタウェイ(上)』(日経BP社)

Googleの「自由」な企業文化

アメリカのFortune誌にて、働きたい会社ベスト100で1位を獲得している有名企業Google。Googleの企業文化を表す有名な言葉に「Don’t be evil」というものがあります。「邪悪になるな」と呼ばれている言葉で、「目先の利益ばかりを追って、邪悪になってはいけない」という意味があります。しかし、この言葉の意義は、他にもあります。

「邪悪になるな」の最大の意義は、それが従業員への権限委譲の一つの手段になっていることだ。

普段から社員に業務における権限を委譲し、任せているからこそ、「Don’t be evil」という言葉が社員の意思決定の判断軸になっているのです。

Googleの社員は、服装や働き方など、あらゆる「自由」を与えられています。それは、創造性のある優秀な社員が成果を出すためには、その環境が良いという判断によるものだそうです。

参考:エリック・シュミット(2017)『How Google Works 私達の働き方とマネジメント』(日経ビジネス人文庫)

企業文化は経営に様々な影響を与える

従業員の行動や意思決定につながる重要な指針

企業文化は会社によって全く異なるもので、一律で正しい形はありません。会社のビジョンや目標に合わせて最適な企業文化形成を行っていく必要があります。

従業員一人ひとりの適切な意思決定や自発的な行動を促していくために、企業文化の重要性はもっと高まっていくでしょう。

>>〜人と組織の強さが、企業の成長を左右する〜エンゲージメントが高まるたった1つの考え方

▼エンゲージメント向上の支援を行うサービス『TUNAG』について▼

企業が存在し、成果を上げ続けていくために重要な「企業文化」。企業文化の醸成のためには、経営理念の浸透や、行動指針が反映された社内制度などの取り組みが必要だとご紹介しました。

そのような社内制度や取り組みは、短期的に実行できるものではありません。継続的に改善しながら進めていく必要があります。

弊社サービス『TUNAG』では、そのような会社の想いや理念を社内制度に落とし込み、継続的に運用、改善することが可能です。結果、従業員が会社のことを安心・信頼し、強い組織づくりにつながります。

タテとヨコ、双方の信頼関係が築かれていることは、エンゲージメント向上につながります。TUNAGは、信頼に基づく強い会社づくりを実現するための「エンゲージメント経営」を実践することができるサービスです。

組織のエンゲージメント状態を診断によって可視化し、抽出された課題に応じて社内制度を設計、運用していく唯一のサービスで、ツールと専任のトレーナーの双方でご支援しています。

「企業文化を浸透させたい」
「効果的な制度設計をしたい」
「制度はあるのに運用できていない」

このようなお悩みを持つ経営者の方や担当者の方のために、TUNAGのツールの活用と、継続的な伴走支援を行っています。企業文化形成のためのあらゆる取り組みをTUNAGで行い、強い会社づくりをしていきませんか?

3分でわかるTUNAGサービス資料

▼『TUNAG』について

『TUNAG』では、会社として伝えたい理念やメッセージを、「社内制度」という型として表現し、伝えていくことができます。

会社様ごとにカスタマイズでき、課題に合ったアクションを継続的に実行できるところに強みがあります。

「施策が長続きしない」「定着しない」というお悩みがございましたら、「現在のお取り組み」のご相談を無料で行っておりますので、お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

在宅勤務の方はご連絡可能なお電話番号をご記入ください

お役立ち資料