エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

ワーケーション導入で生産性20%向上した事例も。
JALや和歌山県が実施したその取組とは

ワーケーションという言葉を耳にした事はあるでしょうか?

航空会社のJALで採用された事が話題となり、ニュースなどで特集も組まれたため、目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。今回はそんな「ワーケーション」についてご紹介いたします。

>>物理的な距離をどう超えるのか?部署間コミュニケーション促進事例4選

物理的な距離をどう超えるのか?部門間コミュニケーション促進事例4選

ワーケーションとは

いつもと違う場所で休暇をとりながら働くこと

ワーケーションとは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語です。

具体的に言うとリゾート地などにいながらも仕事ができる仕組みや環境を企業が用意し、従業員の休暇とリフレッシュを目的とした働き方です。

ワーケーションはアメリカで生まれ、一定の効果があるということで普及しつつあります。また日本ではJALが働き方改革の一環として取り入れられ話題となりました。

欧米人は長期休暇をとり、リフレッシュをしているイメージが強いと思いますが、意外な事にアメリカでは有給消化率が年々減少傾向にあり、休日もメールや電話がかかってくるなどでしっかりと休めない。というような労働環境の悪化が社会問題化している背景がありました。

これらの背景は日本でも酷似しており、特に日本人の有給取得率は先進国30ヶ国のうち最下位です。

政府からも「働き方改革」というワードが出てくるほど、雇用環境の多様性が企業に求められるようになり、リモートワークや休暇取得、長時間労働の改善などの動きが出てきています。

ワーケーションは、お昼休みなど休憩の合間や仕事の前後はリゾートを満喫することでリフレッシュすることができます。また元々予定していた旅行の前後にワーケーションをプラスして滞在数を伸ばす事も可能です。

※参考:有休消化率2年連続最下位に!有給休暇国際比較調査2017 -エクスペディア-

リモートワークとの違い

ワーケーションでは旅先でインターネットなどの通信機器を使ってテレビ会議やメールを確認するなど、テレワークを活用した働き方の一種になります。しかしテレワークを活用した働き方のリモートワークとは目的が異なります。

リモートワークは主に自宅やサテライトオフィス、移動中などに業務を行うことを指しており、休暇と組み合わせて使うというよりは、単純にオフィス以外の場所で業務を行うことをいいます。

一方、ワーケーションでは旅先や帰省先などでも仕事をするため、通常の休日などと組み合わせながら自由に業務を行うことができます。リモートで仕事ができるメリットを活かし、休暇をしっかりと取ってリフレッシュするという事が目的となります。

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

400社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

ワーケーション制度のメリット、デメリット

実際にワーケーションを採用した際のメリット・デメリットを企業側・従業員側の視点に分けてご紹介します。

企業側のメリット

・休暇の取得を促進でき、働き方改革の一環となる

長期休暇を取得できる事は従業員へも大きなメリットとなり、離職率の改善や、優秀な社員の獲得にも繋がります。

・従業員のモチベーションの向上

休暇を取得しやすくなり、働き方の自由度が増えることで、従業員のモチベーションの向上につなげることが可能です。

ご家族での時間を大切にできたり、従業員の趣味や好きなことの実現に活用することもできるため、公私ともに充実した時間を過ごせることで、従業員の働きがいの向上に寄与することも考えられます。

従業員側のメリット

・長期休暇が取りやすくなる

日本では長期休暇が取得しにくい状況が続いています。その原因の一つに、休暇取得中は業務に穴を開けてしまうことです。休暇中でもある程度自身で業務を進めることができれば、休暇を取得しにくい状況が緩和されることも考えられます。

また、旅先ではあるものの日中は業務をし、夜は家族との時間を楽しめば、家族サービスにもつながります。ご家族での旅行を、「休めないから」と一言で済ましてしまっていた方にとっては、このような形で今までできなかった旅行が実現することができるのもメリットの一つではないでしょうか。

・リフレッシュすることで、新しいアイデアが生まれやすくなる

旅に出ると、いつもと違う景色や食事を楽しみ、現地の人と触れ合う事もあります。日常と違う空間に身を置くことは、感覚が刺激を受け発想が豊かになります。

企業側のデメリット

・セキュリティ問題

セキュリティは一番の問題です。パソコン機器の盗難や紛失に加え、信頼性の低いWifiへの接続の懸念もあります。盗難や不正アクセスに備え、セキュリティ面を強化した上で実施しましょう。

セキュリティ面から、できる業務を一部に絞るなどの条件を設定する必要があることも。そういった整備を踏まえると、業界や職種によっては、制度の運用にコストがかかる可能性があります。

・労働環境の複雑化

実際の稼働した実態が把握しにくい事が挙げられます。

ワーケーションに関わらず、出社を必要としないテレワークなどでも同様に言える事ですが、勤怠の報告は都度行ったり、成果物の提出などで判断するのも良いでしょう。

従業員側のデメリット

・休暇の定義が曖昧になる

オンオフの区別をするために時間で区切るなど明確な線引きをせずに、だらだらと仕事をしてしまうと結局プライベートの時間が取れなくなってしまいます。

仕事の日程や業務範囲を休暇前から決めておくとスムーズでしょう。また、せっかくの旅行でいつもと違う環境に身を置いているにも関わらず、スマホからメールをチェックするなど何気ない行動一つでリフレッシュができなくなってしまう事もあります。

仕事熱心な社員にとってはメールのチェックは普通に対応してしまうかもしれませんが、仕事が終わったら見ない、電源をオフにするなどプライベートの時間を確保しましょう。

・周囲の理解、協力が必要

長期休