エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

hr-column

HRコラム

コミュニケーションを活性化!
「サンクスカード」を会社で運用するコツと効果

>>【無料eBook】称賛文化が社内に浸透!「サンクスメッセージ」運用ノウハウ

サンクスカード(ありがとうカード)とは?

従業員同士、上司と部下など、お互いに感謝の気持ちを伝え合う制度

職場のコミュニケーション活性化のため、「ありがとうカード」「サンクスカード」「サンクス制度」という、従業員同士が褒め合ったり感謝を伝え合ったりする制度が、昔から色々な企業で取り入れられています。

アナログで手書きのカードを渡すケースでは、ザ・リッツ・カールトン東京や日本航空(JAL)の例があったり、仲間のすばらしい行為を称え合う制度として、東京ディズニーリゾートでキャスト同士がメッセージカードを手渡しする例などが有名です。

ただ、制度としての良さは理解されているものの、実際に社内導入してみると手間がかかったり、持続しなかったり、運用が意外と大変です。

私自身も、以前いた職場で運用していたことがありますがなかなか持続しなかった経験があります。このように「社員全員に参加してほしい制度」を運用するコツは、何なのでしょうか?弊社で提供しているサービス『TUNAG』でも、同様にサンクスメッセージを贈り合う機能がありますので、解説していきたいと思います。

サンクス制度を継続して運用する5つのコツ

このような社内制度が続かない理由は「手間がかかる」「情報が伝わらない」「メリットが無い」などがあげられます。サンクス制度は、感謝された側は「嬉しい」と感じますので、メリットが全く無いということはないでしょう。そのため、運用方法を工夫することがポイントなのではないでしょうか。

1) 手軽に感謝を伝えられるようにする

弊社サービス『TUNAG』ではこんな形でサンクスメッセージをお届けできます。

スマホまたはPCでサンクスカードを贈りたい相手と内容を入力して投稿するだけで完了。相手に通知も届き、タイムラインに内容がすぐに共有されます。

紙に手書きでメッセージを書き、渡すのもとても素敵なのですが、手間がかかるとどうしても“感謝を伝える頻度”が下がってしまいます。また、「今感謝したい!」と思った時にすぐに行動にしづらいデメリットもあります。

継続されるためには、まずは“高い頻度”で利用されることが重要で、TUNAGでの運用はその点を大きくカバーできます。

2) 感謝された側・周りにちゃんと伝わり、「可視化」されている

感謝されたり褒められたりすることで、嬉しくない人はいないと思います。大事なのは本人にちゃんと伝わることではないでしょうか。

さらに、本人だけにこっそり伝わるのではなく、みんなの前で感謝されるということで、その喜びは大きくなります。紙に書いたメッセージを掲示板などに貼るだけですと、本人が気づかないこともあります。また、手渡しだけでは本人同士しか分かりません。

「自分が感謝されている様子を“みんな”に見られること」は、承認欲求が満たされ、本人のモチベーションアップにもつながる機会となります。また、多くの人に周知されることで、サンクスカードを贈り合うということが「当たり前のこと」であるという文化作りにも貢献できます。

『TUNAG』ではTUNAGタイムラインにシェアされるため、周りの人からのリアクションもつきます。過去のサンクスカードのメッセージや内容をすべて確認することが可能です。

3) 何に感謝しているのかが具体的である

「いつもありがとう」だけのメッセージより、「来客時のカップやお茶を出しやすいように並び替えて置いて頂いていたのですぐに対応できて助かりました!」のような具体的なメッセージにするのがおすすめです。

具体的に感謝されればされるほど、感謝された側が「次もこのように行動しよう」と、具体的な行動につながったり、自分の強みを理解する機会になったりします。また、見ている他の人も、「こういうことにメッセージを送ればいいのか」と参考にすることができます。

4) 「表に出てきづらい」感謝も伝える

営業の売上、コスト削減など、数字でわかりやすく表現されることにつながる行為だけでなく、普段あまり表に出てきづらい行為に対して感謝を伝えることがポイントです。

普段の人事評価では、数字での評価がほとんど。目に見えない良い仕事や行いを上司やその上の立場の人が見つけることはなかなか難しいこともあります。「数字」で成果を表現しにくい職種の方が感謝されると、全員が前向きに制度を活用する風土が生まれます。

そんな数値化できない「気づかい」「支え合い」が見えてくること、それを上司ではなく仲間同士で送り合えることは、サンクスカードの最大のメリットかもしれません。

5) 感謝された数に合わせて表彰制度やボーナスなどのインセンティブがある

感謝されることだけでも嬉しいですが、定期的なタイミングで表彰したりMVPを決めたりすることも制度の認知が広まったり、活用率が高まったりする機会になります。

あえてここでは、「もらった数」だけで表彰せず、普段わかりやすく数字にあらわれないようなテーマを設けてみたり、サンクスカードだからこそ表に出てくるような表彰を演出するのもおすすめです。

「感謝されて嬉しい!」だけではない、ありがとうカードの他のメリット

1) 社員同士を「知る」ことができる

感謝されると嬉しい。と感じるだけではなく、サンクスカードで具体的に感謝していることを伝えることで、相手がどんな仕事をしている人なのかが伝わりやすくなります。

2) 部署や役職の壁を超えることができる

部署内でメンバー同士で感謝を伝えたり、上司から褒められたりすることは今まであったかもしれません。しかし、その部署や役職を超えてサンクスカードを贈り合う文化ができると、社員同士のつながりが増加し、部署間の壁を壊していくことができるのではないでしょうか。カジュアルに部署間でのコミュニケーションをとることができるのもサンクスカードのメリットです。

参考:称賛文化が社内に浸透!「サンクスメッセージ」運用ノウハウ

仲間の「それいいね!」という行動、見つけられていますか?

感謝は、特別なスキルがなくても誰にでもできることですが、意識しないとなかなか届けられません。また、感謝を伝えるべき行動が、見過ごされていることもあります。「ありがとうという気持ち」は、なかなか可視化されにくいのです。

普段から「“ありがとう”と思ったら直接伝えているよ!」という方、「業務なんだからお礼を言われることはない。」という方、色々な意見があると思います。しかし、普段は関わりが少ない人への感謝を伝えること、今まで見えなかった誰かの行いに気づくことができることは、このような制度にするからこそ得られる機会です。

人によっては「感謝され、認められること」は、お金よりも重要な報酬です。是非活用してみてはいかがでしょうか。

(参考)サンクスカードのテンプレート

サンクスカードには、あまり多くの項目を入れないほうが書きやすく、利用されやすいです。
・サンクスカードを贈りたい人の名前
・感謝したい理由
この2点があれば十分です。

『TUNAG』では以下のように入力項目を自由に設定し、デザインもいくつかの中から選ぶことができます。


※項目は自由に設定できます。カードタイトルも自由に変更できます。

月によってサンクスカードのテーマを変えたり、年末には年間を通して感謝を伝えたい人にメッセージを送るなど、導入企業さまによって運用方法も様々です。

▼『TUNAG』について

『TUNAG』では、会社として伝えたい理念やメッセージを、「社内制度」という型として表現し、伝えていくことができます。

会社様ごとにカスタマイズでき、課題に合ったアクションを継続的に実行できるところに強みがあります。

「施策が長続きしない」「定着しない」というお悩みがございましたら、「現在のお取り組み」のご相談を無料で行っておりますので、お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

 
在宅勤務の方はご連絡可能なお電話番号をご記入ください

お役立ち資料