エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

クラッシャー上司に企業はどう対応すべき?
信頼関係をつくり現場の変化をキャッチする仕組みを

クラッシャー上司とは

部下を精神的に追い込みつつ、自分は成果を残して出世していく上司

書籍のタイトルになるほど、言葉としても広まっており、深刻な事態につながっている例もあるようです。

パワハラ上司より対応が難しい

部下を追い詰める上司というと、パワハラ上司が思い浮かびます。パワハラの場合は、明らかに理不尽な行為が多く、会社に相談すればパワハラとして処分してもらえるケースが多いでしょう。

しかし、クラッシャー上司の場合はパワハラ上司と比べ、上司自身は非常に優秀という点が特徴です。クラッシャー上司は、自身が優秀な事から部下にも同じレベルの完璧な仕事を求めます。

これまで実績を上げてきた人が多い

単なるパワハラであれば相応の処分が可能ですが、クラッシャー上司の場合は業績を上げるための指導だったり、実際に結果を出しているので対応がしにくいという傾向があります。

自分が業績を上げてきたという自負があるため、自分の価値観を元に熱心に指導を行います。クラッシャー上司の指導は時に行きすぎになることが多く、部下は心身ともに疲弊します。

しかし、部下がそれについていけないのは「甘え」「努力が足りない」と考えてさらに指導や叱責が増すため、結果的に部下が追い込まれ、休職や退職に追い込まれてしまうのです。

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

400社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

クラッシャー上司の特徴

自己中心的で周囲の事を考えない

クラッシャー上司の基準はすべて「自分」です。これまで自分のやり方で結果を出してきたため、他社にも自分と同じだけの働きを強要します。

しかし、これは仕事を押し付けてやろうというパワハラ的な考えではなく「自分ができるのだから他人にもできて当然」という考えが元になっています。

そのため、社員一人一人の能力差やレベルを考慮することなく、膨大な仕事量や難しいレベルの仕事を任せがちです。

部下のやり方が自分の考えと異なったり、少しでもミスをすれば「この程度の事もまともにできないのか」と厳しく指導します。

他人を思いやる力がない

思いやりのある上司は、部下の感情に寄り添うことができます。部下が悩んでいたり、悲しいことがあれば「いま相手にとって何をしてあげるのが一番いいか」を考えて行動します。

しかし、クラッシャー上司には、他人を思いやるという感情はあまりありません。前述したように自分の経験や価値観を優先する傾向にあります。

相手が追い込まれてつぶれてしまうと「あいつはメンタルが弱いからダメだ」と考えてしまいがちです。

相手を認めて受け入れる気持ちがない

クラッシャー上司の下で、何とか認められようと頑張っても、なかなか認められないままであることが多いようです。

なぜなら、クラッシャー上司は「相手を認める」という気持ちを持てていないことが多いためです。

部下の手柄は自分の手柄にして出世を続けてきたため、相手の能力を受け入れて褒めるという事もあまりありません。

そのため、どれだけ部下が頑張っても、結局クラッシャー上司のいいように使われるだけというケースが多くあります。

自己承認欲求が強い

クラッシャー上司は「自分の能力が会社を支えている」という自負があります。そのため、すぐに自分の成功譚や自慢話を語りたがり、さらに「だからお前はダメなんだ」と部下を貶めてしまいます。

社内だけならまだしも、業務外の時間でもダメ出しをしたがる傾向も強く、退勤後や休日さえクラッシャー上司に潰されるという悩みを抱える部下も多いでしょう。

クラッシャー上司が会社に及ぼすこと

クラッシャー上司は個人としては優秀な成績を上げることが多いため、会社としても対応が難しいことがあります。

しかし、こうした上司を放置することは、長い目で見れば離職者の増加につながるなど、デメリットが多くあります。

クラッシャー上司が会社に及ぼす悪影響は、思った以上に深刻です。

職場の雰囲気が悪くなる

行き過ぎた指導を行い、常に叱責してくる上司がいれば、部下たちはどんどん委縮していきます。

常に上司の顔色を窺い、疲弊した状態です。笑顔と活気あふれる環境とは程遠く、どんどん部下が追い込まれていく最悪の雰囲気が広がる悪循環となります。

有望な部下が潰される損失

絶対に他人を認めず、部下を伸び伸びと育てようという気持ちが一切ない上司の元では、健全な人材育成は叶いません。

本来能力があるはずの人材も、クラッシャー上司の執拗な指導や叱責に追い詰められ、自分の能力を発揮できないまま潰れていくケースがあります。

1人の上司のせいで、この先会社を担うはずの有望な部下が成長できないまま終わるのは、長期的な視点から見れば会社の大きな損失です。

休職や退職が増え、人材が流出する

毎日理不尽な叱責にさらされ、1人でこなすのは難しい仕事量を押し付けられていれば、心身ともに疲弊します。

仕事ができなければクラッシャー上司からの更なるプレッシャーが待ち受けています。このような毎日は、部下にとって地獄のようなものです。

こうした状況を放置すれば、うつ状態になり、休職や退職を余儀なくされる社員が増えていくでしょう。

また、クラッシャー上司から逃げ出すために退職を選ぶことも予想されます。それだけでなく、クラッシャー上司の影響を受けていない社員でも「こんな状態の会社では先が不安だ」などと考え、優秀な人材が流出してしまう可能性もあります。

社会的信用の失墜

クラッシャー上司は優秀な成績を上げているとはいえ、部下からすればパワハラ上司よりひどい存在です。

セクハラ、パワハラが社会問題となっている中、クラッシャー上司の存在を放置していれば、やがて会社の信頼を損ねる存在になるかもしれません。

たとえば、クラッシャー上司の行き過ぎた指導で鬱になり、自殺に追い込まれた社員がいたとしたらどうでしょう。

上司を放置した会社の上層部の責任となり、対外的な信用を失い、取り返しののつかないこととなってしまいます。

会社としてどう対処すべきか

クラッシャー上司の扱いには慎重な対処が必要です。本人は成果を上げていることが多くあるため、誤った対処はかえって問題を複雑化させたり、戦力の低下を招きます。

単純な指摘や処分だけでなく、対話を行うこと

クラッシャー上司のやり方をパワハラ認定して懲戒処分すると、自分のやってきたことが正しという自負がある上司はプライドを傷つけられます。

その結果、さらにクラッシャー行為が陰湿になったり、逆にプライドを失い本人が鬱状態に陥ることもあります。

また、自分の指導がパワハラになり、部下を潰すという認識がなくこれまでやってきたため、