エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

代休とは?
振替休日との違いや、企業が知っておくべき法律上の注意点を紹介

>>【無料eBook】なぜ、社内制度は続かないのか? 活用されるためにとるべき7つのステップ

代休とは?

休日に出勤した場合、替わりに労働日を休日にすることができる休暇

代休とは、従業員が休日に出勤した場合に、あとでその替わりとして、労働日を休日にできることを指します。

代休制度は法律上義務付けられているわけではありません。社内規則上で規定があって初めて、労働者に代休を申請する権利が発生します。

しかし、労働基準法では、「使用者は労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない」と企業に義務づけています。

また、同じく労働基準法上で、休日出勤があった場合には、休日手当として35%の割増賃金が支払われなければならないとも定められています。

ちなみに、この35%は法定休日(労働基準法で定められている、週に1回の最低基準の休日に出勤した場合で、法定外休日(土曜・祝日など。企業の社内規則で規定できるもの)に出勤し、なお且つ1 週 40 時間を超えた場合は 25%の割増賃金を支給することになります。

従業員が休日出勤をした場合には、割増賃金を支払うこと、代休を出来るだけ速やかに取得を促すことが、企業のコンプライアンス上、または社員の健康管理のためにも考慮されるべきでしょう。

参考:労働基準法 素朴な疑問Q&A

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

400社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

振替休日との違い

休日を労働日とし、替わりに労働日を休日に振り返ること

振替休日とは、あらかじめ休日だった日を労働日とし、そのかわりとして労働日を休日に振り替えることを指します。

例えば、休日である日曜日に出勤する代わりに、木曜日を休日にすることができます。したがって、あらかじめ「休日」と「労働日」を入れ替えておくことになります。

こちらも代休同様、法律で義務付けられている制度ではなく、労働基準法による1週1休の原則を守るために、就業規則で規定されている制度です。

振替休日は労働日の前後、どちらでも設定できます。日数をどれだけ空けるかについては特に規定はありませんが、厚生労働省では、「振り替えるべき日は、振り替えられた日以降、できるだけ近接していることが望ましい」と述べています。

また、振替休日の制度を利用したい場合は、最低でも前日までに振替休日となることを労使間で決定し、「労働日」と「休日」はどの日を入れ替えておくか決定しなくてはなりません。

代休の場合は、たとえば日曜日に必要に応じ出勤してしまったあとで、水曜日など平日を休日にしようとする流れです。まず休日出勤が最初に発生してから、後付けで休日について考慮し始めるのが代休です。

休日に急な案件が発生した、あるいは上司に呼び出されたなどの場合には振替休日ではなく、代休の適用範囲となります。

賃金・給与の違い

振替休日は前もって労働日と休日の入れ替えをしておくもの

振替休日では、労働日が増えたわけではなく、「労働日」と「休日」の入れ替えを前もって行っています。もともとの休日に労働した分は「休日労働」とはみなされません。

詳細に言えば、振替の日は、出勤する休日の前後どちらでも設定することができますが、1週間以内であれば、同じ週に振替して週の法定労働時間40時間を超過していないようであれば、特に賃金を35%割り増しして支給する必要はありません

ただし例外として、出勤日から1週間以上超えてから振替休日を取ってしまうと、結果としてその週の総労働時間が40時間(1日8時間)を越えてしまい、超過分の25%の割増賃金は必要となります。

代休は休日に出勤する事態となった後に労働日を休日にするもの

反面、代休は、あらかじめ代わりの休日を特定しておく振替休日とは異なり、休日に出勤する事態が発生してから初めて、労働日を休日にしようという動きが発生することになります。

代休に関しては、休日労働がすでに起こったものとして、35%の割増賃金(法定外休日の場合は25%)が必ず発生することになります。

また、代休には独特の給与の計算方法があります。代休の際の給与は、休日出勤の通常賃金+割増料金から、代休日の賃金をカットできるという考えで月の給与を計算します。

しかし、代休が翌月以降に取得される場合、当月にまず「休日出勤の通常賃金+割増料金」を支払い、翌月以降に代休が発生した場合、その月の給与から1日分の賃金をカットする必要があります。

これは労働基準法第24条に「賃金の全額払いの原則」という「賃金は所定支払日に支払うことが確定している全額を支払わなければならないとする原則」を守るための方法です。

休日出勤と代休日の間隔が開いてしまった場合、給与計算上注意しなくてはなりません。

>>【無料eBook】「運送業界の当たり前を変えたい」トランコムDS松葉社長が考える「エンゲージメント経営」実践事例

企業が注意しておくべきこと

代休に出勤する際の扱い

代休申請をした日に出勤することを、「代休出勤」と呼びます。出勤したのであれば、賃金が支払わなければなりません。

代休に設定された日だからといって、賃金が発生しないままで扱うことは違法であるので注意が必要です。また週に1度の休日は別に確保されている必要があります。

参考:https://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-207178/

従業員が代休を取れない場合の対応

業務の繁忙期などで、従業員が休日出勤をしても、代わりに労働日を休めないという状況もあるでしょう。代休は法律上の義務が無く、会社側の社内規則で規定ができるものです。

そのため、当月に代休を取れなくても、翌月やその先で代休を取ることも可能です。規定上明記しておきたい場合は「おおむね3か月以内」とする場合もあります。

注意しておきたいことは、未消化の振替休日や代休が溜まりすぎることで、労働基準法違反になってしまうことです。

「休日出勤があった場合、割り増し部分の35%が支払わればよい」と思ってしまいますが、これは実際に代休や振替休日を取った場合に賃金を1日分カットしてもよいと考え、相殺しているという前提での計算方法になります。

代休や振替休日が取れていないのであれば、本来は135%、125%として支払わなければ違法であると認識しなくてはなりません。

代休を強制取得させることについて

従業員には権利として認められている有給休暇がありますが、休日出勤をした代わりに休むのであれば、出来るだけ有給休暇ではなく、代休にしてほしいというのが企業側の希望としてあります。

理由には、代休のほうが有給休暇よりも賃金の支払いが少なく、人件費を節約できるというメリットが企業側にあります。

社内規則に代休を規定した場合、従業員にも有給休暇として申請するよりも、代休の取得を優先するようにという暗黙の了解を求めている場合もあります。

反面、従業員にとっては、代休を取ると、その労働日は無給ということになってしまいますが、上司から代休取得を促される前に、有給休暇を申請することが出来ます。この場合、文字通りその労働日は休んでも有給になります。

労働基準法上でも、従業員は理由を告げることなく有給休暇を申請でき、会社はそれを拒否できないと定められています。有給休暇を申請した社員に対して、代休に変えるように強制することは違法になりますので注意しておきましょう。

代休の期限について

就業規則で会社ごとに独自に決めることが可能

社内規則上で代休を「〇か月以内に申請するように」と規定したり、「〇か月以内に取得しなくてはならない」というように規定することも可能です。

その場合、申請・取得期間を過ぎてしまった代休の申請に関しては、会社側は拒否することができます。

ただし、休日出勤があったという事実があれば、35%の割増料金は必ず支払われなくてはいけないので、代休を却下したとしても賃金の調整は必須になります。

代休の取得についても正確に管理することが重要

実際に、そのような長時間労働がうつ病などのメンタルヘルスに影響が出てしまうことや、賃金不払い残業が常態化して企業の評判を落とすなどのデメリット、労働組合と会社の対立の問題も考えられます。

所定労働時間内に業務を終えることを評価して休日出勤を減らすことや、勤怠管理担当者が、社員の労働時間をデータ化して管理するなどの施策を行い、代休についても管理する対象とみなすことが求められます。

働き方・休み方改善指標について

厚生労働省では「働き方・休み方改善指標」という取り組みを行っています。

労働時間を適性化し、休暇を適切に取得することで、社員の能力が発揮され生産性も高まるという観点から、企業が自社の社員の働き方・休み方の見直しや、改善に役立つ情報を提供しています。

例えば、以下のような質問に答えることで、企業の勤怠管理状況が「ポジションマップ」と「レーダーチャート」上に表示され、「問題の有無」「具体的な課題」を知ることができます。

・1ヵ月あたりの残業時間が80時間以上(または週労働時間が60時間以上)の社員数

・1ヵ月あたりの残業時間が45時間以上の社員数

・年次有給休暇の年間延べ取得(消化)日数(対象の全社員の合計日数)

参考:https://work-holiday.mhlw.go.jp/

また、サイト上では「代休の取得促進」を促す企業の事例なども多数見ることができ、参考にすることが出来ます。

>>「運送業界の当たり前を変えたい」トランコムDS松葉社長が考える「エンゲージメント経営」実践事例

従業員の心身の健康や生産性を考えて制度設計を

休暇制度がしっかり整っていることで従業員との信頼関係の構築にもつながる

長時間労働や、休暇が取りにくい、といった問題は日本社会において常態化していましたが、昨今は見直されつつあります。

社員の心身の健康の維持や、生産性に及ぼす影響を考えれば、代休や振替休日も意義のある制度と考えられるでしょう。

エンゲージメント向上のための社内制度のプラットフォーム『TUNAG』について

あらゆる社内制度の実行を通じて、会社の課題を解決します

TUNAGは、会社と従業員、従業員同士のエンゲージメント向上のために、課題に合わせた社内制度のPDCAをまわすことができるプラットフォームです。

会社の課題を診断し、課題に合った社内施策をご提案、その後の設計や運用のサポートまで一貫して行っています。課題の診断は、弊社の診断ツールを使い把握することが可能です。ツールと専任のトレーナーの支援で、経営課題を解決に貢献いたします。

経営理念や行動指針の浸透など、会社と従業員のコミュニケーションを円滑なものにするだけでなく、従業員同士でもコミュニケーション促進を行うことができます。

▼『TUNAG』について

『TUNAG』では、会社として伝えたい理念やメッセージを、「社内制度」という型として表現し、伝えていくことができます。

会社様ごとにカスタマイズでき、課題に合ったアクションを継続的に実行できるところに強みがあります。

「施策が長続きしない」「定着しない」というお悩みがございましたら、「現在のお取り組み」のご相談を無料で行っておりますので、お問い合わせください。

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。