エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

チームビルディングに「チャンバラ」!?
社内イベントのマンネリ化を防ぐアクティビティとは
〜株式会社TearsSwitch米田様インタビュー〜

「チームビルディング」と聞くと、どんなことが思い浮かぶでしょうか?頭を使うようなゲーム、外でスポーツを行うようなレクリエーション、それともがっつりと研修スタイルで行うプログラムでしょうか?

チームビルディングは、一つの目標にむかい、チームのメンバーが気持ちを併せていける強い組織づくりをするためにとられる手法と言われています。

(参考):チームビルディングとは?すぐに始められるゲームやアクティビティ例をご紹介

「フットサルやボルダリング、BBQなど、様々なことをやってきているけど、もうネタ切れ……」というご担当の方に、今回は全員が「楽しかった!」と思えるチームビルディングのコンテンツをご紹介します。

 

それは、……チャンバラです。

 

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-では、30人以上〜1,000人を超える規模でチャンバラを楽しむことができます。ルールはシンプル。腕についたボールを、刀で落とす。ただそれだけです。誰もが小さい頃、道に落ちている枝や傘でチャンバラ遊びをした想い出があるのではないでしょうか。

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-は、企業向けのチームビルディングとしてだけではなく、熊本城やよみうりランドなど、一般のお客様が楽しんでもらうエンターテインメントとして全国で開催されていますので、もしかすると耳にしたことがある方がいらっしゃるかもしれません。

今回は、チャンバラ合戦-戦 IKUSA-の事業を運営されている株式会社TearsSwitchの米田様に、チャンバラ合戦がチームビルディングにぴったりな理由とその魅力についてお話をお伺いしました。

性別・年代・国籍問わず全員が「楽しさを共有」できる唯一のアクティビティ

※実際に使う刀とボールを持参してくださいました!

–そもそも“チャンバラ合戦”のサービスをやろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

米田:もともと、起業するうえで日本か世界で何かをしたいと思っていたんです。それを考えるにあたり、昔ヒッチハイクで日本一周をした時の経験がピンときたんですね。

–ヒッチハイクでの経験とは、どんな経験でしょうか?

米田:当時ヒッチハイクしながら日本をまわった時、お城など、戦国史のゆかりの場所に行っても面白みを感じなかったんです。ただ、色々見た後、改めて教科書や資料を見た時に「あれ、歴史面白いな」「あの場所でこんなことがあったのか」と、点と点がつながった感じがして一気に面白みを感じることができたんです。

その後、「世界に面白いこと発信する」という視点から事業を考えていたのですが、海外の方って日本の忍者や侍が好きじゃないですか。「日本の文化は海外の人に受け入れられる」と思った時に、ヒッチハイクの時に城をまわって合戦をイメージしたあの経験が重なって、チャンバラ×エンターテインメントという事業を思いつきました。日本の方にももちろん馴染みがあるので、受け入れられるだろう。と。

–そうですよね、チャンバラって誰でも楽しめますよね

米田:そうなんです、刀を持つだけで、子どもからおじいちゃんまで結構なりきって楽しめるんです。コスプレのようにハードルが高いわけではないですし、孫・子・親と、3世代全員でできるエンターテインメントなんです。

新入社員・内定者研修、社内旅行や運動会のコンテンツとして「チャンバラ」を活用

–チャンバラ合戦が企業でもレクリエーションとして行われるようになったきっかけは何だったのでしょうか?

米田:参加者の中で、「これ、会社のレクリエーションでできないですか」と問い合わせがあったことがきっかけです。「あ、これ確かにチームビルディングに効果ありそう!」と思いましたね。そこからは新入社員の研修や、企業での懇親会の1つのコンテンツなどとして導入が進んでいきました。

–すでに行っていたチャンバラ合戦の内容を、企業向けにカスタマイズしたりしたのでしょうか?

米田:チャンバラ自体が、もう、チームビルディングに合うようにできていました。(詳しくは後でご紹介します)あえていうなら、軍議の時間(作戦を考える時間)を長めにとって合戦のための戦略のPDCAをまわす時間、コミュニケーションをとる時間を意識しています。

–チャンバラ合戦の戦い方について教えてください!

米田:基本的なルールは、腕につけたボールを落とす。これだけです。ボールはマグネットでついていて、刀はスポンジでできています。チームビルディングといっても、数人〜10名くらいののグループで何かをやって終わる。というものも多い中、チャンバラ合戦は大人数で参加できるのが特徴ですね。

–簡単!それはどの会社でも取り入れられそうですね。

米田:戦い方は大きく3つあります。まず1つ目はチーム戦。チーム戦は、合戦後、最後まで残っている人数が多い方が勝ちです。2つ目は、大将戦。どちらかの軍の大将が負けたら勝敗が決まります。大将戦は、大将に選ばれた人が陣羽織を羽織るのですが、その選定もチームで決めたりしていますね。3つ目は、バトルロイヤルという形です。

企業向けでは、チーム戦や大将戦を、合戦と軍議を繰り返して行い、最後に記念撮影をするようなスケジュールでやることが多いですね。

–チーム分けについても課題に合わせて設定できるのでしょうか?

米田:もちろんです。企業様ごとにカスタマイズしていますね。事業部ごとがいいのか、横のつながりを強化できるような形でグループ分けをするのか、企業様の課題に合わせてチーム分けをこちらで行っていますね。

–どんなチーム分けをすることが多いですか?

米田:企業によって異なりますが、やはり幅広い年齢層の方で構成されるようにチームを作ることが多いですね。若い人だけでチームを作るようなことは無いです。普段コミュニケーションをとらない人同士をシャッフルすることが多いです。

チームビルディングに効く理由は、勝つために戦略を立てる“コミュニケーション密度の高さ”

米田:最近は運動会やBBQなどをやる企業が多いですよね。それももちろん楽しいと思うんです。ただ、デメリットは運動が得意な人、BBQならBBQの経験値が高い人と、どうしても能力やスキルのベースに差がでてしまい、しらけてしまう人を生んでしまうことがあるんです。

–確かにそうかもしれません。結局活躍する人が限定されてしまうんですよね。

米田:チャンバラ合戦は全く誰も知らないルールで、言語、年齢、性別の壁が全てない状態でできるんです。「俺剣道3段だったから負けない」とか言う人もいるんですが、そういう人が一番弱かったりします(笑)周りから女性複数に囲まれてやられていますね。

–そうなんですか!力はあまり関係ないのですか?

米田:チャンバラ合戦で使う刀はスポンジでできています。力任せにふると、柔らかいので曲がってしまって意外にボールに当たらないんです。また、「命」である腕につけたボールも、あまり激しく動くと落ちてしまいます。それを「自害」と呼んでいますが(笑)

ですので、力が強い人・運動神経がいい人が勝てるとは限りません。ここで勝てるチームは、戦略を立て、コミュニケーションをしっかりとったチームなんです。

–なるほど、戦略を立て、勝つという目標に向けてしっかりコミュニケーションをとらないといけないんですね。

米田:以前、120人・100人・70人のチームで合戦をしたことがあります。私は70人のチームを担当していたんですね。120人のチームはみんな知り合いというチームでした。100名は半分知り合いで、半分は新しい人、70人のチームは全員初対面の農民兵という設定で実施したのですが、トータルでは70人のチームが勝ったんです。

–人数が少ないのに勝ったのですか?

米田:私がその70人のチームを担当したのですが、戦略とコミュニケーションをしっかり行ったのが勝因ですね。戦っている間にも戦況って変わるんです。その瞬間にどれだけコミュニケーションがとれたかが勝ち負けに影響します。メンバーの役割を決め、作戦を全員が認識し、現場で起こった時にどう判断するか、そこまでをしっかりコミュニケーションをとってまとめることで、負けないチームになります。

–仲が良くても勝つために何も考えていなければ勝てないんですね

米田:そうですね、思考が停止していると意味がないです。仲の良さが結果につながるとは限らないですね。

–チームでの役割はどのように決めるのでしょうか?

米田:「チャンバラとか苦手で……」という方は大将の盾としてひたすら守ってもらったり、声が大きい人は戦況を見て随時大きな声で現状を伝える係にしたり、とか、その人の意思や得意なところをちゃんと活かせるように配置しています。

–会社の組織運営そのものですね。

米田:そうかもしれませんね。新入社員に大将やらせるとボロボロに負けますが、部長クラスに任せるとキャリアが活かされていい戦略が出せて勝てたりすることもありますね。仲がいい友達同士でやるのも楽しいのは楽しいんです。でも勝つ喜びを知るともっと盛り上がるので、そこは私達スタッフがチームに1人入ることで演出していますね。

※姫路城を舞台にチャンバラ合戦を行った時の様子

–チャンバラ合戦を実施された後の効果といいますか、どんな声をいただくことが多いのでしょうか?

米田:内定者研修で実施した時は、「内定辞退が無くなった」と言われたことはありますね。また、社員から、「社長や取締役の人があんな人だと思わなかった」という声もよくあがります。あとは「次はいつやるんですか」という声がめっちゃ届きます(笑)

※実施例:チャンバラチームビルディング!?インテリジェンス内定者研修の巻

–すごいですね。やはり「楽しかった」という印象が強いんですね。

米田:最初はみんな「ぽかーん」とするんです。でも、やった後はみんな「ヤバイなこれ」ってなります。チャンバラ合戦をやっている時って、その人の「意外な点」