エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

テーマパークとして初となるアドベンチャーワールドの導入事例を公開

〜企業理念を具現化できる「TUNAG」で、理念経営を推進〜

 

エンゲージメント経営プラットフォーム「TUNAG(ツナグ)」を提供する株式会社スタメンは、2017年4月に「TUNAG」をリリース以来、400社を超える様々な企業のエンゲージメント経営を支援しております。

この度、実際にご利用いただいている株式会社アワーズ 代表取締役社長の山本雅史様と総務部プロジェクトマネージャーである篠原愼一様へインタビューを行い、導入事例として掲載いたしました。

<アドベンチャーワールドについて>

・会社名:株式会社アワーズ
・従業員規模:301〜1,000名
・事業内容:動物園、水族館、遊園地および博物館の運営事業
・会社HP:https://www.ms-aws.com/

<TUNAGの活用方法と導入効果について>

■課題
・全社でサンクスカードの運用がしたかった
・既存ツールに限界を感じていた
・自社開発する場合は時間とコストがかかる
・理念を具現化できる仕組みが必要だった

■運用
・シンプルなルールで活用を促す
・チーム毎ブログ制度で投稿のハードルが下がった

■効果
・悩んだり、不満を持つ社員が少しずつ減ってきた
・コミュニケーションがより活性化した
・組織の状態が可視化され、マネジメントとして安心できる

<導入インタビュー(一部公開)>

■各種制度の活用でコミュニケーションがより深まった

※インタビュイー:総務部プロジェクトマネージャー篠原愼一様

篠原様:サンクスカードの制度については、これまで各部署で紙などアナログな方法で行われてきましたが、TUNAGでカードを送り合うことが実際のコミュニケーションにつながったり、投稿やプロフィールを見て会話のきっかけになったりといった話を聞きます。
TUNAGはクラウドサービスですが、社員には投稿して終わりではなく、それを実際のコミュニケーションにつなげてくださいとお伝えしています。それが実現できていますね。

■組織の状態が可視化されて把握しやすくなった

※インタビュイー:代表取締役社長の山本雅史様

山本様:私たち経営側からすると、誰が、どんな頻度で、どういう投稿をしてといったことが可視化され、会社の動きが見られるので安心できます。
経営者としては組織全体をヒートマップのように「どの部署が黄色で、どこが赤色で、ここは緑色だ」というふうに把握したいんですが、TUNAGを見ればなんとなくそれがわかるんです。

※インタビュー記事の詳細は下記のリンクをご覧ください。
https://tunag.jp/ja/contents/case-study/19061/ (株式会社アワーズ様 導入記事)

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。

お役立ち資料