エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

TUNAG、株式会社三城と業務提携契約を締結し、北海道で事業を行う企業へのエンゲージメント向上支援を強化

TUNAG、株式会社三城と業務提携契約を締結し、北海道で事業を行う企業へのエンゲージメント向上支援を強化!
このたびTUNAGは、オフィスの総合商社として、DX(デジタルトランスフォーメーション)やオフィスデザインなどを支援し、経営課題を解決している株式会社三城(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:小川 博嗣)と業務提携契約を締結いたしました。本連携を通じて、北海道を拠点に事業を行う企業へのエンゲージメント向上支援を強化してまいります。

業務提携の背景

昨今の「人的資本経営」への注目の高まりや、新型コロナウイルスの流行をきっかけとした働き方の急激な変化により、企業における「従業員エンゲージメント」の重要性がこれまで以上に増しています。特に中小企業における人材投資やエンゲージメント向上が急務となっており、2020年に中小企業庁が公表した「2020年版 小規模企業白書」(※1)によると、規模や業種問わず、6割以上の中小企業が人材の確保や育成を重要な経営課題として認識しています。

こうした状況の中、地方の中小企業へのエンゲージメント向上支援を強化することを目的に、株式会社三城と業務提携契約を締結いたしました。株式会社三城は、北海道の中小企業を中心に事務用品やOA機器、ITシステムに至るまで、オフィスに関わる商品・サービスをワンストップで提供しています。昨今の少子高齢化や働き方の変化により、「人や組織」の課題を抱える企業から株式会社三城へのご相談が増えていました。

本提携を通じて、北海道を拠点に事業活動を行う企業へのTUNAGの販売経路を拡大し、エンゲージメント向上支援を強化することで、「人と組織」に関わる経営課題の解決に、より一層努めてまいります。

※1 中小企業庁:「2020年版 小規模企業白書」より
 https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2020/shokibo/index.html

業務提携の内容

エンゲージメント経営プラットフォーム「TUNAG」の顧客窓口・案内・販売

株式会社三城(業務提携先企業)について


北海道札幌市で50年以上続く総合商社。1968年の創業以来、『お客様の役に立つ会社を創る』を理念とし、事務用品・OA機器・オフィス家具やITシステムに至るまで、オフィスに関わる商品・サービスをワンストップで提供している。長年にわたり、あらゆる業界の多様なニーズ一つひとつにお応えしながら培ってきた経営課題・オフィス環境・ワークスタイルに関する豊富な経験と幅広い知識で、総務や情報システム業務を通じた“守り”の支援と、DX推進を通じた“攻め”の支援を行い、今後もお客様の持続的な成長に貢献することを使命としている。

【会社概要】
会社名:株式会社三城
代表者:代表取締役社長 小川 博嗣
所在地:北海道札幌市中央区南2条東3丁目10番地 三城ビル
創業:1968年4月
事業内容:
1. DX支援
2. オフィスデザイン
3. 建設ソリューション
4. IT・インフラサービス
5. 複合機・ドキュメントソリューション
6. 事務用品・日用品

TUNAGでは引き続き、さまざまな規模・業種の企業のエンゲージメント向上を支援し、「人と組織」の課題解決に努めてまいります。
>> TUNAG導入企業の活用事例を見てみる

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。

お役立ち資料