エンゲージメント経営コンサルティング【ツナグ|TUNAG】

社内制度辞典

Dictionary

書籍購入費補助

成長機会

業務に関する分野の知識や技術の習得を目的に、個々の学びにつながる書籍の購入費用を一部補助する制度です。書籍で学んだ内容を自身の成長に活かしてもらいつつ、感想を社内に共有していくことで学び合いの文化を育んでいきます。

期待できる効果

  • 成長機会の提供
  • ナレッジの共有、蓄積
  • 学びの文化醸成
  • 従業員の育成、スキルアップ

運用のポイント

対象となる書籍についてルールを明確にする

本人の学びになればどんな書籍でもOKとするのか、業務につながるものに限定するのかなど、対象となる書籍の条件を明確にしましょう。

書籍購入費用が補助になるというメリットはあっても、条件やルールがあいまいだと活用される制度にはなりません。

購入した本で得た学びを報告させる

実際に読んでみてどうだったのか、どんな学びがあったのかを必ず報告(投稿)するようにしましょう。制度の目的は、本人の知識向上や成長のためですので、それにつながらないような利用が続く場合は運用ルールなどを見直す必要があります。

TUNAGでの制度運用例

  1. 制度の目的を明確にし、補助対象になる書籍の定義を細かく設定します。
  2. 書籍を購入し読了した後に、感想とともにレシートや領収書などのエビデンスを添えて報告します。
  3. 上長(担当者)の承認後、TUNAGのタイムラインに共有されます。
  4. 後日、規定の補助費用が支給されます。

【TUNAGでの運用ポイント】

・TUNAGで共有されることで、社員がどのような学びを得たのかがオープンになり、他のメンバーの刺激にもつながります。

・経営陣や管理職がおすすめの書籍を情報発信することで、若手社員の学びにつながったり、経営陣の思想や考え方が伝わる機会となったりします。

TUNAG運用事例・解説記事

「みんな心の中では会社を良くしたいと思っていた」TUNAGの“場”と“しかけ”でコミュニケーションが自然に生まれた事例

楽しく社員の自発的な学びを促す「社内イントラ」として活用。行動指針が浸透する“サムカレッジ”の取り組みとは

この記事を書いた人

森山 裕平
森山 裕平カスタマーサクセス部長
2018年1月に株式会社スタメンに入社し、2018年10月より執行役員カスタマーサクセス部長として、TUNAGの導入企業に対し、各社の抱える組織課題の解消を促すソリューション構築を担う。