エンゲージメント経営コンサルティング【ツナグ|TUNAG】

社内制度辞典

Dictionary

シャッフルランチ

コミュニケーション促進

シャッフルランチとは、普段関わりのない他部署の社員同士が一緒にランチをすることでコミュニケーションをとる制度です。他部署、他支店、先輩後輩など普段関わりのない従業員同士の交流から、新たなアイデアを生み出したり、キャリアや仕事の相談ができる相手を見つけたりすることを目的として実施されることが多くあります。

期待できる効果

  • 組織の理解・共感
  • コミュニケーションの活性化

運用のポイント

普段話す機会が無い人同士で実施を

業務上話す機会が無い人同士をつなぐためには「きっかけ」が必要です。シャッフルランチという制度をきっかけにすることで、業務の理解や新しいアイデアが生まれる場所にしていきましょう。

はじめは人事主導で企画しよう

シャッフルランチという制度を設けるだけでは、活用されません。まずは人選を含めて人事主導で企画し、日時とメンバーをアサインして実施しましょう。

現場に任せてしまうと「話しやすそうな人」同士で実施されてしまうこともあります。「意外な組み合わせ」を作りながら、制度を盛り上げていきましょう。

話すテーマを決めよう

普段話さない人同士をつないでも、会話に困ってしまうことがあります。事前に会話するテーマを決めておくと話しやすくなるでしょう。

場合によってはシャッフルランチを盛り上げる役として固定のメンバーに入ってもらうのもおすすめです。

TUNAGでの制度運用例

  1. シャッフルランチ実施時の条件を設定します。(例:2部署以上、3名以上などの設定が可能です)
  2. 事前にランチしたいメンバーを誘い、ランチを実施します。
  3. ランチ時にメンバーの顔がわかる写真を撮影し、TUNAGより写真と簡単な感想を添えて投稿します。
  4. ランチ代を補助する場合は、上司(担当者)が確認し承認してから投稿することも可能です。

TUNAG運用事例・解説記事

その他の関連記事のご紹介

【シャッフルランチ】社内交流を活性化!部署横断でランチ会を開催しました
こんにちは。人事の京極です。 以前ご紹介いたしました、社員2名以上でランチミーティングを実施するとランチ費用が会社負担となる「フリーランチ制度」。今回は、この制度を活用した「シャッフルランチ」を実施しましたので、ご紹介いたします。 ▼「フリーランチ制度」についてはこちら 【ランチにスナック・ドリンクも?】気になる社内制度!フリークアウトのフリーランチ制度をご紹介 こんにちは!SalesMarketing 高橋です。 フリークアウトには変わった社内制度が数多くあり […] backyard.fout.co.jp 「シャッフルランチ」開催の背景について フリークアウトは、「技術」をベースとして、世の中の”度肝を抜く(=FreakOut)”サービスを「創って、作って、売る」というプロダクトメーカーです。現在、「Techチーム」と「Salesチーム」のメンバー数は、ほぼ 1:1 という組織バランスで構成されています。 フリークアウトには「企画」という組織がなく、「企画」機能を「Techチーム」と「Salesチーム」で共に担っています。エンジニアは高い技術力をベースとしながら、マーケットやクライアントのマーケティング課題を解決するセクシーなプロダクトを生み出します。一方で、セールスがそれらのプロダクトをクライアントへ提案し、実際の反応やさらなる課題をヒアリングし、プロダクト開発へフィードバックするというサイクルを回しています。 「Techチーム」も「Salesチーム」も、双方の業務内容や、その先にあるマーケット・クライアントの声をきちんと理解することが、良いプロダクトを世の中に届けるために重要だと考えています。 そのため、部門や職種を超えてディスカッションしたり、親睦を深めることが必要不可欠。 「フリーランチ制度」自体、社員同士で気軽にランチに行くことで交流を持ってほしい、という想いから作られたものです。しかし、それだけでは業務上での関わりがある人同士でのみの交流になってしまいがちでした。 そこで誕生したのが、全社員をランダムにシャッフルし、ランチに行ってもらう「シャッフルランチ」という取り組みです。 もともとの発案は役員メンバー。現在では、有志メンバーが想いを受け継ぎ、「シャッフルランチ」を運営しています。

Chatbotを使ってシャッフルランチを続けた話 | GRIPHONE ENGINEER’S BLOG
こんにちは!サーバサイドエンジニアの岩上です! 今回は、所属プロジェクトで行っているシャッフルランチを定期的に継続して開催するために行った工夫を紹介したいと思います。 ※シャッフルランチとは普段接点のないメンバー同士がグループに分かれて一緒にご飯を食べることでコミュニケーションを活性化させるランチです。グリフォン全体でシャッフルランチを行ったりもしています。 なぜシャッフルランチをプロジェクト内でやったのか? チーム開発では異職種間での交流が必須になり、よりコミュニケーションが取れる環境が必要になると思います。 また、今回のプロジェクトでは新規入場者が多く、より異職種間でのコミュニケーションに心配がありました。 そこで、シャッフルランチをやることにより異なる職種の人たちで話す時間を設けて、なんでも言い合えるチームを目指しました! Problem: シャッフルランチの開催って面倒くさい ただ、シャッフルランチを開くのって面倒くさいですよね。 定期的に開催するけど業務が忙しかったりしたときにどうしても忘れてしまう 一度忘れるとその先続かなさそうだし、そのうち自然消滅しちゃう 毎回のチーム決めのコストがかかるし、開催する側も嫌になっちゃうし面倒くさい 毎回一緒のメンバーとかチームに偏りがあると不満があがるけど、そこまで考えるのが面倒くさい Try: なるべく低コストで開催するために そこで、Botに任せちゃおう!と思い、システムを構築しました! また、弊社では社内コミュニケーションツールとしてChatWorkを利用しているので、ChatWork APIを利用してChatWorkを利用するBotを作成しました。 システムのゴールは上で挙げた問題の解決です。 Point 1: 偏りのないマッチング マッチングを評価する評価関数を作成するために必要なパラメータを以下の3つにしました。 職種 性別 今までのマッチングデータ と言っても、それぞれのパラメータを使って複雑な計算はせず単純なアルゴリズムで計算をしています。 (システムを動かし始めた頃は何も考えずにマッチングさせていたのですが、職種の偏りがあったり毎回同じメンバーだったりでチームメンバーから文句をたくさん言われてしまったのでこんな工夫をしました)

by リレポト

この記事を書いた人

森山 裕平
森山 裕平カスタマーサクセス部長
2018年1月に株式会社スタメンに入社し、2018年10月より執行役員カスタマーサクセス部長として、TUNAGの導入企業に対し、各社の抱える組織課題の解消を促すソリューション構築を担う。