エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

TUNAGの
セキュリティ対策

point
1

世界最大規模のインフラサービス
AWSを利用

TUNAGのサーバーは、大乗規模を問わず、世界中の企業/サービス/政府機関にて利用されている、
Amazon Web Service(AWS)を利用しています。

AWS内にある個々のサーバーにつきましては、
随時セキュリティ情報を入手し、利用中のライブラリ等に脆弱性が発見された場合は、
影響度の調査を行い、必要に応じてメンテナンスを行います。

point
2

機密情報を暗号化して保管
(SSLによる暗号化通信)

パスワードやチャットメッセージといった機密性の高い情報は暗号化して保管しており、
悪意のある第三者が盗み見ようとしても、解読ができないようになっています。

point
3

日次のバックアップ

お客様の登録情報や投稿されたデータなどは、日次でバックアップを取得しており、
データの損失が発生した場合でも、システムを復旧できるようになっております。

point
4

シングルサインオン設定

シングルサインオンの認証機能があるため、
GoogleやMicrosoftなどのアプリケーションと連携可能です。

アカウント管理を安全かつ簡便に行うことができます。

point
5

PMSに基づく管理体制

JIS Q 15001に準拠した個人情報保護マネジメントシステム(PMS)を構築し、
全社で個人情報の保護/管理に努めております。

(プライバシーマーク取得)

point
6

権限の分割

制度の作成やユーザーの登録など、ユーザーの権限に応じて、操作・閲覧できる内容の制限が可能。
セキュリティ上のリスクを軽減します。