エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

チーム医療とは?多職種連携、職種別の役割、コミュニケーション促進事例

チーム医療とは

記事監修:小山翔平 医師
整形外科専門医。日本大学医学部医学科卒業(2013年)。日本大学医学部整形外科にて勤務後、2021年より地元の山形県にて、おやま整形外科クリニックを開業。同クリニックの院長を務める。

チーム医療とは

チーム医療とは、ある一人の患者に対して複数の業種の医療従事者が、治療またはケアに当たることを指します。チーム医療で大切なことは、それぞれの職種の医療従事者が連携し個々の専門スキルを発揮できるような環境を整えることです。

チーム医療の目的・意義

チーム医療を導入する目的・意義として、①既存疾病の早期発見・回復促進・重症化予防といった医療・生活の質の向上、②医療の効率性の向上による医療従事者の負担の軽減、③医療の標準化・組織化を通じた医療安全の向上、などが期待されます。

チーム医療のメリット・デメリット

チーム医療のメリットは複数の医療従事者が様々な視点から治療・ケアに当たれるという点である一方、デメリットとしては一部の医療スタッフに負担が集中したり、安全性が損なわれたりする可能性があることです。

チーム医療の課題

今後のチーム医療の課題としては、個人の専門性を活かしたチーム医療にとどまらず、患者やその家族と十分なコミュニケーションをとり、その患者に合ったオーダーメイドな医療を提供することです。

関連事例:院内コミュニケーションの質を高める。「組織の物語」を記録し、”プラットフォーム”として活用 | 導入事例 | TUNAG

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

500社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

チーム医療における各職種の役割

チーム医療において、各職種が果たす役割を整理していきます。このセクションでは、看護師、医師、薬剤師、療法士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、臨床工学技士、臨床検査技士、診療放射線技士、医療事務員、介護職員の役割を解説します。

看護師の役割

看護師は、あらゆる医療現場において、診察・治療等に関連する業務から患者の療養生活の支援に至るまで幅広い業務を担い得ることから、いわば「チーム医療のキーパーソン」として患者や医師その他の医療スタッフから寄せられる期待は大きいと考えられます。医療業務の中で、看護師は医師と直接連携を取りながら患者自身への検査・処置を行ったり、病気や怪我の説明したり、ご家族様に対するケアも行います。
その業務を行いつつ、病院やクリニック内では多職種カンファレンスを取りまとめて会議を行ったり、会議で上がった議題を解決すべく自ら施設内を巡回し、患者やスタッフの話を聞き、医療施設の課題に対する処置も行います。

医師の役割

医師はチーム医療のリーダーであり、多職種連携(IPW)の中心となります。医師の医学的な見地や過去の論文などのデータをもとに、安全で安心な医療を提供できるように多職種のスタッフに指示を出します。医師の指示に基づいて医療行為が実行されるため、医師は常に最新の知識を追求し、技術の向上を図らなければなりません。

また、多職種と連携をとるにあたり、看護師や薬剤師など他の職種の人が安心してコミュニケーションをとれるような環境作りも大切であり、医師は「ただ正しい知識を伝えればいい」というだけではなく、「他の職種の方が安心して仕事をできるように、優しく丁寧に指示を出す」ように心がけなければいけません。

薬剤師の役割

医療技術の進展とともに薬物療法が高度化しており、チーム医療において、薬剤の専門家である薬剤師が主体的に薬物療法に参加することが、医療安全の確保の観点から非常に有益であると考えられます。また、近年は後発医薬品の種類が増加するなど、薬剤の幅広い知識が必要とされていますが、病棟において薬剤師が十分に活用されておらず、医師や看護師が注射剤の調製(ミキシング)、副作用のチェックその他薬剤の管理業務を担っている場面も少なくなく、薬剤師はそのような状況で大いに活躍できます。

薬剤師が活躍する場所として薬局やドラッグストアなどを想定される方も多いと思いますが、このように病院内でも薬剤師が活躍しており、医師や看護師と連携を取りながら、薬の調合だけではなく、有効成分が血液内でどれくらいの量になっているかを医師とともにモニタリングしたり、投与した薬剤の副作用をチェックしたり、薬剤の組み合わせに有害事象が生じていないかなどを確認しています。
さらに、その情報を医師や看護師に共有するなどの「お薬に対するハブ」としての役割も果たしており、非常に重要な仕事を担っているのです。

リハビリテーション関係職・療法士の役割

リハビリテーションは、患者の機能を回復するために非常に重要な役割を果たします。他の職種の方と比べても、患者と共有する時間も多く、その分、患者からヒアリングする情報も多い職種です。

作業療法士の役割

作業療法士は、主に手の機能を回復させたり、精神的なケアも行うリハビリテーションスタッフです。脳梗塞で手が動かない患者の手が動くようにトレーニングしたり、手を骨折した患者が手を使いづらい状態でも生活できるように練習したりします。それだけではなく、病気や怪我で精神的に落ち込んでしまっている患者に寄り添い、その心のケアも行ったり、サポートするのも作業療法士の役割です。
そのように患者と共有した時間の中で得られた、身体的・精神的な情報を他の職種のスタッフと共有することで、患者に対するサポートをより手厚く行えるようにしてくれる存在です。

理学療法士の役割

理学療法士は、主に歩行などの基本的な生活動作を改善してくれるリハビリテーションスタッフです。脳出血で動きづらい患者の車いすの練習をしたり、半月板を損傷して歩けない患者の松葉杖の練習をしたりなど、日常生活で必要不可欠な動作の回復を図ります。密接に患者と寄り添うことが多いため信頼関係が生まれやすく、その中で得られた患者の情報も非常に有益です。患者自身のことだけではなく、患者のご家族様のことや患者のご自宅の事情(バリアフリーかどうか)などもヒアリングし、退院後の生活に向けての調整を行います。

言語聴覚士の役割

言語療法士は、会話や食事などに関する治療を行うリハビリテーションスタッフです。加齢に伴い、うまく食事が呑み込めず、肺炎を起こしてしまった患者の呑み込む力を回復させたり、喉の手術などでうまく声を出せない患者の発声のトレーニングを行ったりします。食事や会話などをスムーズに行うことができないと、患者の身体的・精神的なストレスもたまりやすいため、そのケアを行うことは患者自身の活動に非常に重要です。

臨床工学技士の役割

臨床工学技士は、病院内の医療機器を取り扱う大切な仕事です。治療機械や検査機械において、外来・病棟・手術室など、ありとあらゆる場所で使用される医療機器のメンテナンスを行います。医療機器に不具合が生じることは、そのまま患者の生命や健康に大きな影響が出ることから、故障などが生じる前に常にメンテナンスを行い、正常に動作する環境を保つように準備をします。万が一故障が発生した場合も、すぐに駆け付けて修理するなどの対応を行ってくれます。時には、手術に立ち会い、患者のデータを取り、執刀医や麻酔医にその情報を伝えるなど、治療につながる重要な役割を行います。

臨床検査技士の役割

臨床検査技師は、検査を中心に担当してくれるスタッフです。放射線を扱うレントゲン検査や CT検査以外であれば、ほとんどの検査を行うことができます。血液検査・超音波検査・MRI 検査など、幅広く施設内の検査で活躍しています。その情報をレポートにまとめ、医師や看護師など、他の職種が確認しやすいように記載・入力します。その情報をもとに、医師は治療にあたり、看護師はケアにあたりますので、非常に重要な役割になります。

診療放射線技士の役割

放射線技師は、医師以外で唯一放射線を扱うことのできる職種です。主にレントゲン検査や CT検査を担当します。MRI については施設によって臨床検査技師が担当する場合と放射線技師が担当する場合があります。心臓や脳のカテーテル治療に参加したり、整形外科の骨折や背骨の手術に参加したりなど、検査に限らず幅広い活躍を求められています。そのため、医師をはじめとした各職種との連携が非常に重要で、密にコミュニケーションをとりながら診療業務にあたっております。

医療事務員の役割

医療事務員は、受付や会計業務を中心に活動してくれています。患者の窓口として、病院の顔になるスタッフであるため非常に重要です。また、医療クラークとして医師や看護師の診療業務の補助を行ってっくれるケースもあり、カルテ記載や検査・治療オーダーなどで活躍します。そのため、診療行為に忙しい医療従事者にとって、医療事務員も医療クラークも安全で効率的な医療体制を作るためになくてはならない存在です。

介護士の役割

介護士も病院内で活躍しています。厳密には医療と介護で分けられることもありますが、医療の範囲内でも介護士が患者のおむつ交換・入浴介助・食事介助などを行うことで、看護師などの負担が減り、手厚いケアを行うことができます。そのため、特に看護師との連携は重要で、患者ケアのために常に情報共有する必要があります。

医療チームの具体例

以下、実際に多職種連携が行われるチームの例をいくつか紹介します。

周術期管理チーム

周術期管理チームは、手術に向けて連携を図るチームです。手術前から患者の情報をヒアリングし、安全に手術を迎えられるように準備を行います。

栄養サポートチーム

栄養サポートチームは、患者の栄養状態を確認し、必要な食事内容を検討したり、場合によっては点滴などの水分バランス・栄養バランスについても確認します。

褥瘡管理チーム

いわゆる、床ずれ対策を行うためのチームです。長い入院生活で褥瘡ができやすい患者も多く、その対策を行います。褥瘡には栄養管理も非常に重要であるため、「栄養サポートチーム」との連携も重要です。

救急医療チーム

医療施設内で患者が心肺停止になるなど、急変が生じた際に中心となって活動してくれるチームです。実際に患者が急変したときだけでなく、急変することを想定し、普段から病院スタッフに急変時対応について指導や訓練を行ってくれます。

感染症対策チーム

病院内での感染対策の中心組織となります。病院内で発生してしまった細菌・ウイルス感染などに対しての治療を講じるとともに、予想されうる感染症の対策を指示し、教育してくれます。

多職種連携・院内コミュニケーションを促す方法

対面会議の多職種カンファレンス

病院内では、直接会議室などでリアルタイムで顔を合わせ多職種カンファレンスを行い、連携を図ることがほとんどです。しかし、その場の情報交換だけでは限界があり、それを補完するシステムがなかなか存在しないのが現状です。電子カルテシステムの掲示板を利用して連携を図るケースもありますが、そのシステムも見づらかったり、書き込みづらかったりなど、情報を共有しづらいことがあります。

非同期的なコミュニケーションでも、相互理解の機会を

院内SNS等のツールで、非同期的なコミュニケーション手段を活用することで、職種間及び個人間の相互理解、円滑な業務の連携に繋がります。ITツールは1つの手段です。会議以外の方法では何ができるか、検討してみるのも良いかもしれません。

関連事例:介護・医療業界の情報共有・社内SNS事例9選 | TUNAG

3分でわかるTUNAGサービス資料

関連する記事

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。

サービス内容が3分でわかる資料

社内制度を軸にしたコミュニケーションを行い、エンゲージメント向上をはかるTUNAGの、主要な機能や実現できる施策をまとめたサービス資料をダウンロードいただけます。

まずは無料デモでサービスを体験

御社の解決したい課題に合わせて設計されたデモをご覧いただけます。デモをご覧いただくだけでも、御社の組織を活性化するためのヒントになるかもしれません。

お役立ち資料