エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

社内制度は課題に合わせた設計が重要。
様々な企業事例をまとめました

社内制度とは

会社の課題解決などを目的に導入される仕組みや取り組みのこと

社内制度とは、企業の中で、「社員同士のコミュニケーション」「キャリアアップ」「人事評価」などの様々な目的のもとで導入される仕組みや取り組みのことです。

実施義務のあるものではなく、会社が自由に仕組みやルールを決められます。社風など会社の個性を伝えられる、自由度の高い制度です。

>>【無料eBook】なぜ、社内制度は続かないのか? 活用されるためにとるべき7つのステップ

なぜ、社内制度は続かないのか?活用されるためにとるべき7つのステップ

エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

会社の課題やビジョンにあった
エンゲージメント施策できていますか?

400社以上の導入実績があるTUNAGが
強い組織つくりをサポートします!

資料ダウンロード
無料デモはこちら

社内制度の目的

エンゲージメント向上

社内制度を通して、会社や仲間同士の理解を深めたり、モチベーションを向上したりするこで、エンゲージメント向上につなげます。

エンゲージメント向上を通じて、結果として定着率の向上や採用応募の場でのブランディングに効果が生まれることがあります。

導入にあたっては、例として突然「ボーナスを社員同士で決める」制度や、「フリーアドレス(座席を導入せず、自由に席を決められる)」制度を導入しても、当初は社員から戸惑いや不満が出ることが想定されます。

会社側が制度の目的やメリットを社員に伝えるとともに、社員の反応を見ながら、ルールを調整していく柔軟さが必要でしょう。

課題に合わせた社内制度例

1. 働きがいや、休暇に関する社内制度例

株式会社リクルートテクノロジーズ

株式会社リクルートテクノロジーズでは、勤続3年以上の社員は、3年ごとに最大連続28日間取得できるという長期休暇制度、「STEP休暇」を導入しています。

休暇の目的は社員が自分で自由に決められるので、リフレッシュや、学びたい分野の自己学習のために使うことが出来ます。会社から手当として30万円が支給されます。

参考:https://recruit-tech.co.jp/recruitment/vacation.html

パラマウントベッド株式会社

パラマウントベッド株式会社では、10年単位で勤続者の表彰を実施しています。勤続10年は金メダルと3泊4日の報奨旅行、勤続20年、30年、40年は表彰状とともに3日間有給での「リフレッシュ休暇」と商品券が付与されるそうです。

3日間を分割して 取ることもできるので、家族の予定とも合わせやすいものとなっています。

参考:https://work-holiday.mhlw.go.jp/detail/0607.pdf

パスクリエイト株式会社

パスクリエイト株式会社では、3カ月に1回まで、「ずる休みさせてください」と正直に申告すれば、申告が当日でも、有給休暇として取得できる制度があります。

これは、「どんなに真面目な人でも人間であれば誰しも時にはバイオリズムが芳しくなかったり、どうしても気持ちや体が重かったりする日がある」という認識から実施しているそうです。

株式会社カヤック

株式会社カヤックでは社員は毎月サイコロを振って給料を決めている「サイコロ給」という制度があります。

給料の全額がサイコロで決定されているわけではなく、毎月「基本給×(サイコロの出目)%」が、+αとして支給される仕組みです。給料が減るのではなく、ボーナス分として受け取る部分になります。

“人はいちいち他人の評価を気にしていては楽しく働けないということも一理あるかと思います。カヤックの社員にはぜひとも面白く働いてほしい。だから人の評価なんて気にするな、そういう思いをこの「サイコロ給」に込めました”

とあります。上司の顔色を伺う等の気疲れがなく、純粋に仕事を楽しむ風土の醸成につながっているのではないでしょうか。

引用:https://www.kayac.com/vision/dice

株式会社ロックオン

株式会社ロックオンでは、2011年度から、すべての役職員を対象に、毎年1度、9連休の取得を義務づける「山ごもり休暇制度」を導入していています。休暇中は、電話連絡やメールでの連絡は禁止されているので、「山ごもり休暇」という名称になりました。

これにより、心身のリフレッシュ、そして休暇前にしっかりと業務の引継ぎを行わなければいけないため、業務の共有化が進むことを目的としています。

2. コミュニケーション促進につながる社内制度例

株式会社カルビー

株式会社カルビーでは、フリーアドレスといい、オフィスでの席を固定せずに、その日自分が座りたい座席を自由に決めて仕事ができる制度を導入しています。カルビーでは、このフリーアドレスを導入し、7期連続で増収増益をあげているそうです。

オフィスに壁が無くて明るい雰囲気になり、他部署の人ともコミニュケーションが取りやすくなったとのこと。他の部署からも目につきやすいので、残業がしにくく、早く帰る文化が定着するというメリットもあるようです。

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェントでは、毎月1回、会社から支給された食事代で接点のない社員同士でランチに行くことができ、ランチ代は一人当たり2,500円まで支給されます。

普段仕事上なかなかコミニュケーションを取らない部署の人ともランチを通じて交流ができ、横のつながりを深められるというメリットがあります。若手社員と役員など上層部とがコミュニケーションを取れ、問題への気づきや、新たなアイディアが生まれる土壌にもなるでしょう。

現在、「シャッフルランチ」を導入する企業は増えましたが、サイバーエージェントが発祥と言われています。

株式会社ヤクルト

株式会社ヤクルトでは、入社後の10年で3つの部署を経験する「ジョブローテーション」という制度があります。

まだ自分の適性が分からない若手社員にとって、さまざまな役割を経験することで、自分の得意分野を見つけることが出来たり、ゼネラリストとして活躍できる人材に成長できるメリットがあります。

株式会社資生堂

株式会社資生堂では、社長や執行役員も含む約20人の上司が、20~30代の若手社員からITなどデジタルツールの知識を教わるという、「リバースメンター制度」があります。

社内でのIT機器の活用やマーケティングへの応用につなげる狙いをもとに、若手は経営陣を相手にコミュニケーション能力を向上でき、上司もまた部下側の気持ちの理解を深められるという期待があります。

旧来の縦社会が一般的な企業において、非常にユニークな制度と言えるでしょう。

参考:https://news.mynavi.jp/itsearch/article/solution/3230

Sansan株式会社

Sansan株式会社では、「Know Me」という社内制度があります。これは「他部署」で、「過去に飲みにいったことがない人」と「3人以内」で飲みに行く場合、会社から1人3,000円の支給を受けられる制度です。

これにより、社内のコミュニケーション活性化し、業務が円滑化することを目的にしているそうです。

参考:https://jp.corp-sansan.com/mimi/