エンゲージメント経営コンサルティング【ツナグ|TUNAG】

社内制度辞典

Dictionary

ウェルカムランチ

コミュニケーション促進

新メンバーが入社した際に、歓迎の気持ちを込めてランチに一緒に行く制度です。会社によってはランチ費用の補助を出したり、ランチではなく歓迎会として食事会を行う場合もあるでしょう。1日でも早く会社に馴染んでもらえるよう、会社のことや仕事のことなど気軽にお話できる機会として利用を促しましょう。

期待できる効果

  • コミュニケーション促進
  • 従業員同士の相互理解
  • 早期離職防止

運用のポイント

入社初日に設定するのがベストです

中途入社者にとって、入社初日は非常に印象深く、その会社に抱いていた印象とのギャップを感じやすいものになります。入社した方が1日でも早く会社やチームの仲間のことを理解し、活躍できるようにするには、仲間である既存社員が歓迎する姿勢を見せることが重要です。

なるべく入社初日に事前に食事の機会を設け、みなさんでコミュニケーションをとる時間を過ごしましょう。

ランチの様子を写真に撮り共有しましょう

ウェルカムランチに参加できない方、他部署の方にとっても、新しく入社する仲間がどんな人なのかは興味があります。ランチの様子を写真に撮って共有することで、新しいメンバーの理解が進み、社内全体で歓迎する雰囲気が生まれます。

TUNAGでの制度運用例

  1. 新入社員と同じチームのメンバーを含む、3名以上で開催します。
  2. ランチ後に、会の代表者は実施時の写真と感想を添えて報告します。
  3. 上長が報告を承認すると、TUNAGに公開されます。
  4. ランチ費用に補助が出る場合は、後日補助を支給します。

【TUNAGでの運用ポイント】

  • 参加したメンバーをTUNAG上で指定して投稿することで、新入社員だけでなく、参加したメンバーのプロフィールも改めて確認することができます。
  • 投稿する場合は、新入社員がどんな人なのかなどを一緒に投稿することで、理解が深まります。
  • 写真を撮影し、投稿することで、自社の採用のためのコンテンツとして外にアピールすることができます。

TUNAG運用事例・解説記事

働きやすく、成果を出せる会社づくりを進める中、「福利厚生制度×社内SNS」の組み合わせがもたらした意外な効果とは

職場コミュニケーションを改善する方法とは?社内施策のポイントや他社事例を解説

この記事を書いた人

森山 裕平
森山 裕平カスタマーサクセス部長
2018年1月に株式会社スタメンに入社し、2018年10月より執行役員カスタマーサクセス部長として、TUNAGの導入企業に対し、各社の抱える組織課題の解消を促すソリューション構築を担う。