エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

エンゲージメント経営の実践に

TUNAGが
選ばれる理由

組織における
「知らない」をなくす

組織を良くするにあたって必要なのは『知らない』を『知る』に変える総量です。
TUNAGは経営の想いを反映させた社内制度を軸に
『会社やヒト』を知るキッカケを増やします。

01
  • 方針や文化
    を知る
    社内制度
    経営者が思っている以上に、現場まで想いや方針は浸透しません。経営の想いを反映させた社内制度によって、具体的な行動を促す事ができます。
  • 会社や人の今
    を知る
    タイムライン
    タイムラインで会社や人の「今」を知ることができます。社内の出来事をすぐに共有することができ、社内の情報格差をなくします。
  • 人となり
    を知る
    プロフィール
    プロフィール機能で、顔・名前・人となりを一致させ、気軽なコミュニケーションのきっかけを生みます。

経営の意図に沿った
情報を社内に循環させる

TUNAGは単なる情報共有ツールではありません。経営者の想いや考えを形にした「社内制度」に沿った情報が共有されます。
常に経営者の考えや想いを社内に循環させることで、従業員の行動変化を促します。

02
  • 経営者の考えが社内に浸透し、
    従業員が体現
    経営者
    既読やリアクションがわかることで、情報の到達度合いを確認することができます。
    従業員
    今まで分からなかった会社の方針や考えを知ることで、安心して業務に取り組むことができます。
  • 成果や目標に向けて、
    部署を超えて連携
    経営者
    部署毎の取り組みや、各部署で活躍している従業員を知る事ができます。
    従業員
    他部署の動きを知ることができ、業務上の相談や依頼を円滑にします。
  • 部署・拠点・役職に関わらず
    称賛文化や競争意欲が醸成
    経営者
    最終結果だけではなく、背景や過程、温度感を知った上で具体的に称賛する事ができます。
    従業員
    表彰者が成果を出すまでの過程を知ることで、競争意欲や称賛文化が醸成されます。

組織の「今」に合わせた
制度設計
データで着実に改善し続ける

100社あれば100通りの企業文化があり、その組織の状態は日々移り変わります。
TUNAGでは多様な経営の意図に合わせた設計が可能であり、
運用される社内制度の運用状況や移り変わる「今の」組織状態を
定量で把握することで、着実に改善し続けることができます。

03

100社100通りの
「社内制度」を
設計・運用可能

  • 社長メッセージ
  • サンクスメッセージ
  • 日報
  • お客様エピソード
  • MVP表彰
  • 会社からのお知らせ
  • プロフィール
dashboard

組織の状態が
ひと目でわかる
ダッシュボード

組織改善の効果は、定性的な評価になりやすく、効果測定が曖昧になりがちです。
TUNAGでは、どのような制度が利用されるのかを定量的に把握し、社内制度の改善が実施できます。
常に会社の「今」の状況に合った社内制度を運用できます。

TUNAGの導入実績

もっと見る