エンゲージメント経営プラットフォーム【ツナグ|TUNAG】

「エンゲージメントアワード2020」受賞企業を発表
「株式会社ウェルカム」が総合グランプリに決定!

2020年12月9日(水)、経営者や人事・広報責任者を含め200名以上(100社以上)が参加した「TUNAGエンゲージメントアワード2020」にて受賞企業5社とグランプリを発表いたしました。本アワードはエンゲージメント経営の実践に取り組み、TUNAGを活用した先進的かつ効果的な運用を行う企業を表彰するものです。

TUNAGは「エンゲージメント経営の支援を通じて、企業の成長を牽引する。」をミッションとし、それぞれの会社にあったエンゲージメント経営を一緒につくっていくことで、人と組織の強化をご支援しています。その一環として、TUNAGをご活用いただいている企業の経営者およびご担当者の方への感謝と、日々エンゲージメント経営を実践されている各社の先進的な取り組みを広く発信することを目的に2018年より本アワードを開始しました。第3回目となる今年も、多くの企業にエントリーいただきましたが、弊社内での厳選なる審査の結果、株式会社リカバリータイムズ、コクヨアンドパートナーズ株式会社、株式会社タイソンズアンドカンパニー、株式会社デイトナ・インターナショナル、株式会社ウェルカムの5社が入賞し、その中から株式会社ウェルカムがグランプリとして選出されました。

2020年は生活様式や働き方においても、ニューノーマル化への対応を迫られる年となり、「人と組織」の在り方も大きな転機を迎えた1年となりました。

リモートワークへの移行やオンラインコミュニケーションが活発化すると共に、潜在的な組織課題に直面し、本質的な解決へ取り組む企業も増えました。ますます「企業と従業員および従業員同士の相互信頼関係」を定義とするエンゲージメント経営への需要・関心の高まりも伺えました。

TUNAGはこれからも人と組織を強くし、企業成長をもたらすことを目的としたエンゲージメント経営の実践を通じて、各企業の支援をしていくと共に、本アワードを通じて、受賞企業のお取り組みを一部ご紹介いたします。

 

【総合グランプリ】
Engagement of the year 2020 株式会社ウェルカム 様

総合グランプリとなる、Engagement of the Year に選ばれたのは、株式会社ウェルカム様です。

株式会社ウェルカム様は、食とデザインの二つの軸で「DEAN & DELUCA」や、「GEORGE’S 」「CIBONE」など、良質なライフスタイルを提案するブランドを多数展開されています。

たくさんの事業拠点や色々なバックグラウンドを持った方がいる中で、グループ全体に経営の理念や想いを伝えることや、様々な職種を越えて横のコミュニケーションを促進する目的でTUNAGを運用されています。

〈お取り組み〉
・VISONの浸透を目的とした動画、テキストを用いた様々な発信
・業務負荷低減や他店とのコミュニケーションのきっかけとなる日報運用

〈コロナ禍のお取り組み〉
・毎日代表からメッセージを発信、経営と現場のコミュニケーションの活性化
・ワークフローを利用した上司との毎日のあいさつと体調報告
・ブランドごとのカジュアルなリレー投稿(自宅での過ごし方やオススメの映画など)

受賞コメント

株式会社ウェルカム 代表取締役 横川 正紀様

僕は会社をやって今年で二十年になりますがずっと変わらないのは、会社の仲間(メンバー)が大好きなことです。

うちは元々インテリア事業から始まってそのあと中食そして外食に行き、今は総合的なライフスタイル事業を、10以上のブランドを通してやっています。そういったマルチポートフォリオ型の経営をしている我々にとってはメンバーの多様性を活かし、常により良い形を求めながら自分たちを進化させていくことが事業の継続と成長のための大きなエネルギーであり、会社の価値になります。だからこのエンゲージメントを継続して高めていく、強めていく、ということは日頃からとても大事だと思ってます。

ただ、今回コロナのような状況になり、いつでも直接会って会話をしたり、何かあればお酒を飲んでまた次の日も頑張ろう、みたいなこれまでのコミュニケーションのやりかたではなかなか仕事がスムーズにいかなかったり、色々なことにギャップやストレスが生まれていったりしました。

そういった事業やメンバーの多様性やコロナでの環境の難しさを感じていた時にTUNAGと出会い、本気で向き合ってくださるスタメンの皆さんと弊社チームが一緒になって、TUNAGの中だけじゃなくてTUNAGをきっかけにリアルとデジタルを組み合わせながら、コロナ禍だからこそより社員やアルバイト含む、2,000人のメンバーと今強い信頼関係で一丸となれているこの状態をつくれたことを凄く嬉しく思っています。

株式会社ウェルカム  山下 光様 小髙 麗奈様

新型コロナウィルスの影響で、急に本社はリモート勤務になり、7割以上の店舗メンバーの自宅待機が1ヶ月ほど続き、お互いの姿が見えなくなったり、チームへの帰属意識の低下を招いたりと不安を感じていました。

そこで、TUNAGの運用でトップメッセージの頻度を増やし、ワークフローを用いた上司との縦のコミュニケーション、プライベートな内容を共有するメンバー同士の横のコミュニケーションの活性化を狙った運用を始めました。また、ブランドやチームごとにタイムラインの見せ方をカスタマイズして、利用の促進を行いました。私たちはライフスタイル事業をおこなっていますので、日々のメンバー一人一人の投稿からお互いがたくさんのヒントや気付きを得たり、日常の大切さを仲間との繋がりとともに感じられたのはとても嬉しいことでした。

メンバーからのニュースや投稿に何十件もコメントが寄せられ、普段一緒に働いている仲間だけでなく、拠点を跨いだコミュニケーションが取れて、後にメンバーから『緊急事態宣言の中で、一人籠もって過ごしている時に心強かった』と聞くことができたことはとても嬉しかったです。

【99名以下の部門】ベストエンゲージメントカンパニー
株式会社リカバリータイムズ 様

従業員99名までの企業の中でベストエンゲージメントカンパニーに選ばれたのは、株式会社リカバリータイムズ様です。

株式会社リカバリータイムズ様は横浜市を中心に、歩行特化型リハビリデイサービス、脳卒中特化型リハビリデイサービス、訪問看護リハビリ、福祉用具貸与、予防サービス(通所型サービスB)など福祉サービスを展開されています。

社員数が増えていく中でも、現場で生まれる小さな声を拾い、「どんな人も見捨てないようにしたい」という思いからTUNAGを導入し活用していただいております。

〈お取り組み〉
・代表自ら労いのメッセージや想い、会社方針を毎日発信
・サンクスカードを運用することで、部門を超えてお互いに感謝する機会を創出
・会社オリジナルのキャラクターをスタンプ化することで、コミュニケーションを活性化

〈コロナ禍のお取り組み〉
・毎日研修を実施し、研修レポートを提出、日々の動きを可視化
・「コロナが終わったら何したい?」という内容を発信し合う

受賞コメント

株式会社リカバリータイムズ 代表取締役社長 石田 輝樹様

社員数が増えたことや、コロナ禍で、スタッフとの接触頻度が減ってしまったことで、伝えたいことが伝わらず、誤解も生まれやすいなと思っていました。一緒に働いてくれている仲間だからこそ、オンラインもうまく活用して、お互いに気持ちや想いを伝えられるように、ということでTUNAGを導入することを決めました。

TUNAGを運用していく上で、まずは代表がちゃ