エンゲージメント経営コンサルティング【ツナグ|TUNAG】

press-release

プレスリリース

「課題の可視化」から「実行」までをつなぐ。
エンゲージメント診断サービス『TERAS』をリリース

エンゲージメント経営コンサルティングサービス『TUNAG』を運営する株式会社スタメン(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:加藤厚史)は、組織のエンゲージメント状態を可視化する診断サービス『TERAS(テラス)』を2020年3月より提供開始いたします。

背景

昨今、労働人口の減少に伴う人材不足に伴い、生産性向上や人材の定着のため、エンゲージメント向上に取り組む企業が増えています。本来長期的な視点が必要となるエンゲージメント向上の取り組みに対し、アクションが十分にとれている企業は多くありません。

これまで、エンゲージメント経営を実行できるサービス『TUNAG』では、組織の課題に合わせた具体的な打ち手をITツールとコンサルティング双方から支援してきました。エンゲージメント向上のために、どのようなアクションを誰に対して行うべきか、3,000以上の社内制度運用ノウハウを元に、独自のメソッドを開発。

そのエンゲージメント指数を用いて、組織のエンゲージメントの高さを可視化する組織診断サービス『TERAS』の提供を開始することとなりました。

TERASの特徴

『TERAS』は、エンゲージメント経営コンサルティングサービス『TUNAG』のメソッドから独自に開発したエンゲージメント理論を用いて、組織のエンゲージメントの高さを可視化します。

1.「2:6:2」の組織分布でエンゲージメントの状態を可視化

当社が提唱するエンゲージメント経営では、組織におけるエンゲージメントは「下位層」「中間層」「上位層」の「2:6:2」に分かれます。

その中でも「中間層」へのアプローチが重要であると定義しています。回答内容から、この組織分布がどのようになっているかを可視化します。


※画面は開発中のものです。

2.エンゲージメントを構成する8つのカテゴリから課題を特定

従業員が10分程度のアンケートに回答することで、エンゲージメントを構成する8つの構成要素をスコア化します。課題箇所を特定し、具体的な「打ち手」のご提案まで行います。

なお、本項目はエンゲージメントの構成する要素として当社が独自に定義をしている項目です。

3.部署や役職など、セグメントごとの詳細分析

診断結果では、部署毎のスコア結果はもちろん、役職毎・勤続年数毎・年代毎で確認することが可能。また、他社と比較した場合の相対的な位置を知ることができる総合評価を5段階で確認することができます。

※画面は開発中のものです。

「課題の可視化」から「実行」をつなぎ、持続可能なエンゲージメントを構築

当社ではTUNAGの提供を通じて、300社以上の組織課題に向き合ってきました。その中で組織の状態可視化は常に企業から求められるキーワードです。組織診断を実施して定点観測される企業も増えてきました。

状態可視化から把握する事の重要性が高まる一方で、そこからの打ち手不足を痛感しています。つまり、可視化することまでに留まってしまっているケースが多いということです。

本来であれば改善箇所へのアクション実施が大事であり、改善活動のために可視化したはずがいつのまにか可視化=目的に成り代わってしまっているのです。

TERASでは、可視化に留まらずに改善アクションにまで目を向けたサービス提供を目指していきます。またTUNAGとのサービス連携で相互シナジーを高めていき、組織課題の改善とエンゲージメント経営の支援の領域を拡大していきたいと思います。

※TERASに関する資料請求・お問い合わせは以下サービスサイトURLから行っていただけます
https://pr.tunag.jp/teras/lp

会社概要

会社名 :株式会社スタメン
代表者 :代表取締役社⻑ 加藤厚史
所在地 :愛知県名古屋市中村区井深町1-1
設立  :2016年1月
資本金 :3億4500万円(準備金含む)
URL :stmn.co.jp
事業内容:エンゲージメント 経営コンサルティング「TUNAG (ツナグ) 」の企画・開発・運営

本リリースに関するお問い合わせ
株式会社スタメン 元田 有紀・森田 明日香
[Tel] 052-462-1450 [Fax] 052-462-1465
Email: info@stmn.co.jp